病原菌との戦いでボクらができること|鳥インフルや豚コレラは焼却、コロナは?

人命の尊さ

 

コロナ禍の真っただ中で、つくづく実感するんです「人命って尊いなあ」って。

鳥インフルエンザとか豚コレラが発見されたら、無条件に何万羽、何千頭単位で鶏も豚も殺されますよね。

被害を最小限に食い止める意味で、感染した鳥や豚は一カ所にまとめて感染菌ともども焼却してしまうのが一番手っ取り早いし安全なんです。

新型コロナウイルスに感染した人や濃厚接触者も週に1回か2回、大型焼却炉で○○だったら感染なんてあっという間に新型コロナの封じ込めに成功します。

でも、そんな事できるわけがないですね。

人間を生かす為に寝る間も惜しんで対策を打っています。

人の命って大切なんだなあって感じます。

緊急事態宣言も2月末くらいまで延長しそうだし、たまには仲間と居酒屋で飲みたいなあって思います。

幸福慣れしているから、仕事の後は居酒屋で生ビール、2次会はカラオケが当たり前になっていたんです。

それで全然いいんです。それが日本のサラリーマン文化なのだから。

そういうのが当たり前の国が、国民の幸福度のバロメーターが高い国なのですから。

だから、生ビールとカラオケくらいで大はしゃぎしていたら逆に不幸な暮らしって事になる。そんなの北朝鮮みたいでつまらないでしょ。

でも、いまは『生きているだけで丸儲け』の精神でいないとダメ。

明石家さんまさんの言葉で、禅の思想の入った名言です。

 

コロナ禍で世界の国々はひっちゃか、めっちゃかになりながら、ようやくワクチン接種が始まりました。

全世界合わせたら、亡くなられた方は1億人を超えています。

そんな状況にありながらも、こうして生きていられるのに感謝しましょうよ。

生きているだけで丸儲けなのです。

 

絶命した後の処置

 

小学校、中学校と同じ学校に通っていた幼馴染に、葬儀屋がいるんです。

新型コロナで亡くなられた方の葬儀って結構大変らしい。

テレビのニュース番組でもたまに紹介されますけど、できるだけ家族を葬儀に参列させないようにお願いするらしい。

ご遺体の親族は濃厚接触者扱いだから出歩かせたくないんです。

病院に入院していて、回復せずに亡くなられた方も厚手の樹脂シートに入れられて火葬されるでしょ。

鳥インフルエンザや豚コレラみたいとは言わないけれど、絶命したとなれば後はビジネスライクに細菌が漏れることのないよう処置する。

遺族から擦れが、一晩だけでも故人とすごさせてほしい、ってこ事になるけど、感情論は一切認めない。

尊ぶのは命なんです。

死んでしまったら、別の生命の患者をどう生かすかに即スイッチするんです。

どんなに偉い人でも遺体となってしまったら、命有るホームレスには勝てない。

 

ゾンビにコロナを投影し

 

ゾンビドラマの『君と世界が終わる日に』が始まりました。

『君と世界が終わる日に』もコロナ感染拡大の風刺をこめて企画されたけど、映画『アウトブレイク』くらい今の世界情勢に一致させちゃうと、エンタメとして成立しなくなるから敢えてゾンビをもってきたような気がする。

 

ゾンビに噛まれるとゾンビになってしまいますね。

これが基本ルールで、遡ると18世紀のルーマニアの吸血鬼ドラキュラに行き着きます。

ゾンビも感染菌によって感染拡大するから新型コロナと同じでバンバン増殖していくんです。

身体の隅々にまでゾンビ菌が行き渡っているから、ゾンビに噛まれると唾液から噛んだ傷口を通して菌が相手の人間に侵入するしくみです。

新型コロナみたいに壁ドンくらいの距離いてもゾンビ菌は空気感染はしないんです。

噛まれない限り安全(キスしたらたぶん感染する)。

因みに、吸血鬼ドラキュラが眠る中世東欧のお城や洞窟の天井にはぎっしりと敷き詰めたようにコウモリが宙吊りになっているでしょ。

ヤバイ感染菌を保有する代表がコウモリなんです。

あの、中国武漢の研究所でもコウモリの専門家がいましたね。

ドラキュラとコウモリの関係は、吸血鬼ドラキュラが掛かれた1800年代でもわかっていたのですね。

 

ボクらにできる事

 

だいぶ話がそれましたが、新型コロナに感染しても医師らは手を尽くしてこの世に留めようと医師は踏ん張るんです。

夜の飲み屋街での飲食が原因で感染しても、平等に治療してくれるわけです。

鳥インフルは豚コレラみたいに、「感染拡大防止のためだ、許してくれ!」とか叫んで、灯油ぶっかけて引火したりしないわけです。

だったら、せめて封じ込めでボクらにできる役目は果たしましょうよ。

2020年の3月頃からコロナ禍に入り、2021年9月か10月に国民の7割くらいがワクチン接種完了だとすれば、あと8ヶ月か9ヶ月で集団免疫が出来上がるわけです。

やっとコロナとの戦いの半分を超えたくらいなんです。

コロナ慣れしている場合じゃない。

感染が拡大すれば日本国内でウイルスが変異する可能性もあるんです。

拡大すればするほど変異のリスクが高くなり、開発したワクチンでは歯が立たない変異種が突然現れるかもしれないんです。

一度感染して抗体をもった体にウイルスが無理無理侵入しようとして変異する可能性もあるんです。

だから、感染率をギリギリまで下げてワクチンがみんなに行き渡るまでやれる事は全てやってゆきましょう。

関連記事

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*