ミステリーでも焦らされ過ぎるとムカついくる|加齢による堪え性の無さ

TBSで毎週日曜日に放送しているミステリードラマ『危険なビーナス』を欠かさず観ていて加齢による堪え性の無さをつくづく思い知らされるのです。

さすが東野圭吾さん原作で、ストーリーは二転三転して誰が犯人なのか検討もつかない。

それでもじっと物語の展開を追いつつ、佳境に入ったと思うや、次週に続くでバッと切られるわけです。

次週の予告で犯人に関する貴重なヒントをゲットしてその日の番組は終わる。

ここまでは許せるんです。

一週間待って、「予告で観た犯人らしき人物は?」と目を凝らすと、全然違うストーリー展開へとずらされるんです。

さすがに、こうも振り回されると観ているこっちもムカついてくる

 

ここではミステリードラマから実感した加齢による堪え性の無さについて解説させて頂きます。

 

ミステリーでも焦らされ過ぎるとムカついくる

 

視聴者は登場人物の複雑な人間関係を少しずつ知らされ、消去法で犯人を浮き上がらせていくわけです。

場合によっては紙に人物構成や利害関係を書き出したりして、手間暇をかけるわけです。

その上で、「って事は、こいつが犯人なわけはないな」と。

でも、それを毎週繰り返される内に、ドラマの作り手側に翻弄されている、なんとも不愉快な気分になってくるの。

突然、今まで敵・味方の関係と思っていた二人が、実は懇意の間柄だったと知らされると、急に梯子を外された気分に陥る。

「調子に乗ってんじゃねーよ、しばくぞボケ」って気になってくるわけです。

思わせぶりなストーリー展開に、被害者意識さえ滲んでくるわけです。

 

原作読んじゃえばいいじゃない

昔はテレビドラマ一つで「こんなにヤキモキしなかったなあ」とか「こういう人を食ったようなドラマは録画しておいて一期に観なきゃダメだなあ」とか多少冷静に自分を鑑みたりするんです。

でも女房はいたって冷静に「はい、この先は来週のお愉しみね」と言ってるの。

女っていうのはなぜ、あんなに焦らされるストーリー展開を冷静に観ていられるか不思議でならないんです。

もしかして、こいつは結末を知っているのか?と疑ってみたものの、そんな事はないというんです。

女房は平然と言うわけです。

「そんなにイラつくなら観なきゃいいじゃない」とか「東野圭吾の原作をサクッと読んじゃえばいいじゃない」と。

 

そういう問題じゃないんだよなあ。

ミステリーストーリーとしてのモラルの問題なんだ、と言っても相手にしてもらえないのです。

だいたい卑怯じゃないですか。

大多数の登場人物が入れ替わり立ち替わり立ち位置をかえて、見ている者をおちょくる

 

そっちがその気なら裏読みしてやるぞ

しだいに、ドラマを楽しむのから製作者側の心理に迫りたくなってくるんです。

所詮、テレビドラマなのだからストーリー展開から犯人を捜すよりも、製作側の腹積りを裏読みしたほうが早い、と思うわけです。

―この『危険なビーナス』はあと何回で終わる?

―友情出演でもない限り、有名俳優がチョイ役で出演しているはずはない。

―小日向文世さんと酒井真紀さんの出演場面が全然少ないじゃないか。

―彼らが、あんなショボい役で出演OKするわけがない。

―ぜったいにあの二人には裏がある。

等々思えてくるわけですよ。

加齢からくる堪え性の無さが顔をだしてくるわけです。

 

偏屈な堪え性のないジジイ

往々にして年寄りには2パターンがあるように思える。

円熟味が増して、尖った若者を遠巻きに温かく見守る心穏やかな老人と、年甲斐も無く手にした杖を振りかざして「常識をわきまえろ!」と怒鳴り散らす老人。

恐らく、前者も後者も中年あたりまではそんなに大差は無いのでしょう。

加齢で考え方に柔軟性がなくなってきて、自分の思いと現実とに乖離が出てきたのを吸収できなくなったあたりで、二パターンに別れるように思えるのです。

 

ドラマの筋書きに振り回され

 

ミステリードラマなんて最後に意外性がなければ面白くないでしょ。

製作側は視聴者の推理からどれだけかけ離れた結末を見せつけられるかが腕の見せ所なわけです。

で、それを楽しむのがミステリーファンで、振り回されればされるほど興奮するSMの世界みたいなもの。

そこで

「おいおいキミ、ロープの結び目が食い込んで痛いんだけど」とか

「溶けたローソクで火傷でもしたらどうするつもりだ」とか

「黒縁メガネのネーちゃん、ハイヒールのかかとが刺さりそうで怖いからサンダルに履き替えてくれ」とか言っていたらSMが成立しないわけです。

ミステリードラマで翻弄されてムカつくのは娯楽としての痛気持ちよさを味わえない無粋者の烙印を押されるわけです。

そういう人の為に、水戸黄門、遠山の金さん、大岡越前のような苛立ちを抑えた脳に負担をかけないドラマが存在しているのです。

    【広告】

関連記事

     【広告】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*