口論になるのが怖い|もめ事を避けようとする事なかれ主義とは

目の前に問題があっても、見て見ぬふりをする『事なかれ主義』の人たち。

下手に関わって面倒な事に巻き込まれるのは御免だ、というスタンスです。責任の一端を担う事にでもなったら目も当てられないと、さっと問題から身を反らす。

もしくは典型的なビビり。

争うのが怖いのです。

もともと無関係なのに、これが原因で相手に睨まれでもしたら大変だと平和主義を唱える意気地なしです。

ここでは、そんな事なかれ主義の心理を追求し、正々堂々と戦えるメンタルを育てる手助けをしてゆきます。

 

妥協一辺倒の環境が事なかれ主義を育成する

 

生まれつきの事なかれ主義など存在しませんが、事なかれ主義が育成される環境はあるのです。

家庭そのものが事なかれ主義で、暗黙の了解のように徹底して争いごとを避ける家庭です。

口論のない両親の間で育っていても、些細な意見の食い違いが起きていることに子供は気が付くものです。

でも、どちらかが必ず自分の主張を撤回してしまっているのを知るようになるのです。

テレビドラマでもワイドショーでも両親の口喧嘩などザラにあるのに、なぜうちの場合は言いたい事を最後まで主張しないのだろうと疑問に思うのです。

それでも、人間って自分の育った環境が一番心地よい物なのです。

 

互いの主張を最後まで口にしたあとで(多少の不快さがともなったとしても)、妥協点を探るというプロセスに、不安を抱いている家庭環境です。

 

妥協に満ちた家庭

徹底して口論を避け、常に妥協を優先する理由は、ひとたび口論に発展してしまったら取り返しのつかない事になる、とうい不安が蔓延しているからです。

だから意見の衝突だけじゃなく、相手に不快な思いをさせる事が導火線に引火する事になると思い込んでいるのです。

波風を立てて、それが取り返しのつかない大事になってしまったら元も子もないと刷り込まれているのです。

家庭とはそんな危い構造なのです。

そこで育った子供は仲の良い両親のように常に笑みをたたえて不満など言いません。

手のかからない優良児として育っていきます。

反抗期をスルーして自我の芽生えを押し殺し、もめ事を忌み嫌う事なかれ主義へと成長するのです。

 好戦的夫婦関係が事なかれ主義を育成する

 

一方で、一度言い出したら両親のどちらも一歩も引かない喧嘩の絶えない家庭も事なかれ主義を生み出す温床です。

両親ともに「白か黒か」といった勝ち負け思考に染め上げられていて、好戦的で常に自分の思いを押し通す。自分の主張が通らなければ自分の存在そのものが否定されたも同然という切迫感に満ちた家庭です。

共感などクソくらえと、互いの言い分に耳を傾けるなど絶対にないのです。

隙を見せたら自分が負けという閉塞的な空気が延々と続く家庭環境です。

 

妥協なき好戦的夫婦がもたらすもの

 

子供が或る程度成長してからであれば両親の喧嘩など、どうでもいいのです。

争いごとが好きなら、いつまででも意地を張り続けていればいい、と子供も思える。

が、幼い子供は、不仲な両親によって家庭が崩壊してしまったら自分はどう生きて行けばいいのかと心配でいられなくなる。

自立できていない無力な子供にとって家庭不和は生きる道を断ち切りかねない切羽詰まった環境に映るのです。

だから自分は両親を和ませる平和主義でなければならない。

学校で問題に巻き込まれたとしても、そんなことは何でもないと事なかれ主義に走るのです。

 

家族どうしの意見の相違

 

どんな家族の間でも意見の相違は出てくるものです。つまらない言い合いもあるし、テレビチャンネルの争奪戦もありますね。

そんな小さな事柄から譲り合いを学んで、少しずつ相手の言い分に耳を傾ける習慣がついてくるわけです。

意見の衝突があって、それを解決しようと思えば時間がかかるし、時には嫌な思いをすることもあるかもしれません。

それなら自分の意見を撤回してしまったほうがよっぽど楽だと感じることもあるかもしれません。

自分が我慢すれば全て丸く収まる、という解決方法を選択してしまうわけです。

もし、それで構わないなら一生、我慢しっぱなしです。

気の進まない選択を受け入れ、嫌な事でも我慢し続けるんです。

気が付いた時には楽しい思い出など何一つない老人になっているのです。

どうですか、事なかれ主義のなりの果てはこんなものですよ。

 

オレはこう思う!

 

自分はこう思う、と口にだして相手を睨みあったらどうなるでしょう。

二人の意見の違いがクローズアップされ、どちらを選択するのが正解なのかと神経がピリピリしてきます。

それでいいのです。

時間をかけて互いの意見をじっくりと聞き、理解し、歩み寄れる所と我慢しなければならない事を見極めます。

事なかれ主義なんてクソなんです。

少しずつ解決の糸口を見つけていく事に慣れなければならないのです。

人間はみなそれぞれ異なった考えを抱くもの。

それを戦わせられるのは人間だけなんです。

そして歩み寄り、妥協し、物別れを多数決でまとめるなど、面白いじゃないですか。

     【広告】

 関連記事

      【広告】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*