どうやって生きていったらいいかわからない|職業偏

どうやって生きていけばいいのかわからない、と定職に就かずプーを決め込んでいる人。その原因は仕事への関わり方が甘かったから。本気で仕事をしていれば与えられた仕事の何に耐えられなかったかが分かる。そうすれば、次の選択肢が見えてくる。ヤル気云々で仕事に就かずにいるとしたら、趣味の延長で暮らしていけない厳しさを知るしかない。 続きを読む どうやって生きていったらいいかわからない|職業偏

もう無理だと思った時どう生き延びればいいのか

もう無理だと思った時どう抜け出せばいいのか。逃げ道があるのに、ガチガチに固まったメンタルでは解決策は得られない。だから余裕を取り戻す事が大切。苦しみを受け止めて味わう、それでもリラックスできない時には占いに行くんです。あとどれくらいで暗いトンネルから抜け出せるか指し示してくれるから。 続きを読む もう無理だと思った時どう生き延びればいいのか

怒りと攻撃性と惨めさと自己肯定のミックスジュース状態|何を拠り所に生きるか

背が低くて脚の短い見てくれの悪い男がいる。地方の進学校から東京の大学へと進み、社会人となった。彼の中には怒りと攻撃性と惨めさと自己肯定がミックスされている。断面をきると、いくつもの層に分かれている。頭脳明晰だった小中学生。見た目不細工な高校、大学生。異性と関係が築けない社会人。どうやら頭脳明晰が彼から社交性を奪い同時に異性も奪ったのだ。 続きを読む 怒りと攻撃性と惨めさと自己肯定のミックスジュース状態|何を拠り所に生きるか

心のからくり|文句や不満や欲張り心が人類を進化させてきたんだ

幸せな環境はまったりしていて人に現状維持を選択させるんです。このまま死ぬまで何も変わりませんように、と。それに引きかえ、不満を抱えて生きている人は、逆境から這い上がろうと努力する。他人を蹴落としでも、金持ちになって世間を見返してやりたい。そんな劣等感的な動機が実は、人々の暮らしを楽にする進歩の原動となっているんだ。 続きを読む 心のからくり|文句や不満や欲張り心が人類を進化させてきたんだ

自分をだまし、だまし生き延びろ|それとこれとじゃ話が別、かドンブリか

世の中、結構ドンブリ勘定が多いの。大雑把というよりも種類の違うものを一緒にしてガラガラポンの感じね。細かく白黒つけずに、プラマイは相殺してスッキリさせる。司法取引はその典型。スポーツで一つを極めず競技を組み合わせるのもドンブリっぽい。神経質さが抜けてまろやかになる。パニック障害の治療はドンブリじゃない方が効果的な人も。 続きを読む 自分をだまし、だまし生き延びろ|それとこれとじゃ話が別、かドンブリか