子供の心の成長を潰す親の言動|アナタのそのアドバイスは氷山の一角

子供に過干渉な親は子供の柔軟な心を奪ってしまう。意思を尊重して失敗しやしないかと冷や冷やしながら遠巻きに見守るのが親にとって大きな試練となる。目を光らせて、道から逸れぬよう適度なアドバイスを与える方がよっぽど楽なのだ。が、その失敗をギリギリのところで成功に変える親の口出しが子供の心の成長を奪ってしまうことになる。 続きを読む 子供の心の成長を潰す親の言動|アナタのそのアドバイスは氷山の一角

親はこうして子供の反抗期を乗り切れ

反抗期とは思春期に子供が親にたてつくタイミングの事。子供は大事に育てられ人としての生き方を親から教え込まれる。が、自分は親とは違うという思いが芽生えた時、それまで優しく手をかけてくれた親が鬱陶しく思えてくる。自分は自分だと主張したい。親はオドオドしながら我が子が歩く道見守るのだ。我が道を進める人間へと育つように。 続きを読む 親はこうして子供の反抗期を乗り切れ

互いに高め合う間柄と潰し合う関係|ライバルか親子か

ライバルどうしでも見えないところで互いに力を高めあっている。相手の弱点を研究し弱みを狙うのが勝負の鉄則。一方は隙を見せまいと全力でディフェンス力を高める。この二人が現役から退き再会する日があったなら友として最高の会話が楽しめるはず。が、親子なのにいつの間にか子供を潰す母親もいる。育児に慣れ子供の為と欲が生まれた時だ。 続きを読む 互いに高め合う間柄と潰し合う関係|ライバルか親子か

親から得られる初めての承認欲求|子供どうし認め合いVSいじめ

自分を認めてほしい。価値ある存在だと思われたい。これを人間の承認欲求といいますね。 大人になれば職場で仕事の成果を褒めてもらうことで承認欲求は高められます。逆にパワハラでみんなの面前で怒鳴りつけられでもしたらそれどころで 続きを読む 親から得られる初めての承認欲求|子供どうし認め合いVSいじめ

親の顔色を見い見いくっついてきた子が、黙れクソババーと叫ぶ

子供は自然に親の顔色をうかがうようになるんです。 これって、当たり前の事で全然おかしくないの。 幼稚園、小学校、中学校1年、2年くらいまではしかたがない。 親からしてみれば、自分の子供が人の顔色をうかがうような大人にはな 続きを読む 親の顔色を見い見いくっついてきた子が、黙れクソババーと叫ぶ