かわいく生まれてきたかったというお悩み相談

子供の頃からブスと揶揄されてきた16歳の女性。かわいく生まれてきたかった、と新聞の相談コーナーに手紙で相談してきた。どのくらいブスなのか手紙だと分からない。普通レベルの容姿なのに心無い悪口がトラウマになっている可能性もある。コンプレックスを整形で治してでも性格を明るくしてあげるべきケースもある。気休め的な答えでお茶を濁しても事態は好転するとはとても思えないのです。 続きを読む かわいく生まれてきたかったというお悩み相談

疲れを溜めない生き方|二酸化炭素を吐き出してから息を吸う

疲労困憊の表情を浮かべるのは、身体のある部分がSOSを発している。身体全体が疲れ過ぎている事は稀。。身体の1ヶ所が悲鳴を上げるほど疲労してしまうと、もう身体は使い物にならないのだ。だから疲労の蓄積を分散しておけば、一晩の睡眠で回復できる。そこに呼吸法を上乗せし、ほぐれた肉体に酸素濃度の高い血液を送り込む事で元気になれる。 続きを読む 疲れを溜めない生き方|二酸化炭素を吐き出してから息を吸う

秋の到来、良い事と要注意事項|涼しくなるということは

秋の到来で暮らしやすさが戻るが、一方でリスクもある。秋バテとは自律神経の乱れで、眠れない、疲れやすい、食欲がない等々があれば充分な休息をとる必要あり。程度回復したらビタミンB群で摂取した食物をエネルギーに無駄なく変える。涼しいのは気持ち良いけれど、高血圧やうつ病のリスクもある。リズム運動や秋の味覚で予防するのだ。 続きを読む 秋の到来、良い事と要注意事項|涼しくなるということは

疲れやすく夜眠れない原因は過剰適応かも|ポジティブな性格の陰にひそむ問題

過剰適応って消極的、積極的の性格を問わず存在する。高圧的な上司の命令に、身を粉にして尽くす気弱なタイプもいれば、場の空気を読んで周囲を明るくしようとサービス精神を出すタイプ。疲れやすく、よく眠れない自分の身体が心配になる。そこから抜け出す策として、脱サラでフリーになるのも一案。世間の荒波にもまれ実力次第で収入アップ。 続きを読む 疲れやすく夜眠れない原因は過剰適応かも|ポジティブな性格の陰にひそむ問題

抜毛症の根底にある強迫神経症と不安障害|だったら治療方法は見えているじゃない

抜毛症という強迫神経症がある。自分の髪を抜かずにはいられない。根底には不安障害が横たわる。不安を感じ爪を噛んだり、髪をいじる女性がいるが、その髪の毛版らしい。軽減するには精神安定剤でリラックスし、脳内物質のセロトニンを増やす事のようだ。完治不可の依存症へと症状が複合化する前に、今すぐ治療に入るべきだ。 続きを読む 抜毛症の根底にある強迫神経症と不安障害|だったら治療方法は見えているじゃない