男言葉を使ってイメージが崩壊してしまう女性と、その救済方法

男性言葉を使う女性って敬遠されがち。女を捨ててしまった、みたいな感じ。でも可愛く盛るのは演技で、男言葉で怒鳴るのは本音なんです。だとしたら、そんな憤りの本気度を貯め込んだ身体に悪い。ガス抜き方法としては、語尾に「なーんちゃって」をつける。もしくは「しばくぞ、ボケ。何なにさらしてけつかんねん」と関西弁を使うのです。 続きを読む 男言葉を使ってイメージが崩壊してしまう女性と、その救済方法

魅力的に見せるには、無理して分かってもらうより、ゆっくりと露呈させた方が断然いい

自分を魅力的に見せようと本当の性格を押し隠す人がいます。でも実際には一本筋が通っているよりも、二面性があった方が人間らしくて深みが感じられる。理論派だけれど、情に流されることもある、とか。普段は穏やかだけど、相手によってはブチ切れる、とか。自分が思う好かれるための像を演じつつ、素の自分をチラ見させるのが魅力的に見せるコツ。 続きを読む 魅力的に見せるには、無理して分かってもらうより、ゆっくりと露呈させた方が断然いい

彼女をガッカリさせるくらいなら、これ以上悪くなりようがないマイナスから始める

親しくなるにしたがって相手の良くない部分が見えてくるものです。ガッカリさせて振られるくらいなら、これ以上悪くならないというマイナスのところから始める人もいる。最初の印象をわざと悪くしておくという作戦。でも、そこには落とし穴があって、本当の欠点をさらけ出しておかないと、のちのち本当のマイナスが原因で振られるかもしれない。 続きを読む 彼女をガッカリさせるくらいなら、これ以上悪くなりようがないマイナスから始める

学園祭、修学旅行にはカップルを誕生させる魔力がある、若者よチャンスをのがすな

学生七不思議の一つ「学園祭、修学旅行になるとやたらカップルが誕生する」があるんで 続きを読む 学園祭、修学旅行にはカップルを誕生させる魔力がある、若者よチャンスをのがすな