自立できていない人は強烈なダメ出しで自分の周りに煙幕をはる|違和感があれば親の接し方を思い起こすべき

他者に依存することなく完全に自立することなどできない。が、それを強要する人がいる。己の非依存体質を隠蔽するために他者を厳しく管理する姿をアピールしている。普通に歳を重ねていけば、自然と自立できるものだから、もし、何か違和感があれば立ち止まるべきだ。親が幼少期からの自分にどのように接してきたかを見極めるべきなのだ。 続きを読む 自立できていない人は強烈なダメ出しで自分の周りに煙幕をはる|違和感があれば親の接し方を思い起こすべき

心配されたい気持ちは心にあいた穴を埋めたい表れ|子供の心配そうな表情が大好き

世界で一番大切に思っている我が子に心配されるのが大好きな人がいます。自分の存在意義を確かめるのです。身体の不調を訴えては子供の心配そうな表情をみて安堵する。心にあいた穴を埋めているのです。が、これが子供にとってはメンタル疾患を引き起こさせかねない負担となっている。身体の不調は医者にどうぞ、と撥ね付けない限り続くのです。 続きを読む 心配されたい気持ちは心にあいた穴を埋めたい表れ|子供の心配そうな表情が大好き

ハキハキしなさいと言われ続けた子供の頃|心配性へと突き落とした母親が嫌い

母親が嫌いな子供は、その自分の感情にとまどう。幼少期大好きだった母親をなぜ嫌いになったのか?と。その原因は、過干渉、価値観の押し付け、人との比較に大別される。子供の為を思ってが根底にはあるが、もっと掘り下げれば厳しい環境でも生きられ術を教えるのが親の務め。子離れできない親が片時も離すまいと仮病で子供の心を独占する。 続きを読む ハキハキしなさいと言われ続けた子供の頃|心配性へと突き落とした母親が嫌い

親離れできないのは優しい性格だからか、それとも刷り込まれたか|親との接点を見つめ直してみて

親離れできない人がいます。親が大好きで、いつも感謝している。でも親がいつか死んでしまったらどうしようと頭を支配する。優しい親思いの子供なのかもしれない。でも子供は成長し、恋愛し、結婚し、子供ができて親よりも大切な物を授かる。親への感謝は忘れない。このプロセスを逸脱して異常に親を心配に思うなら、刷り込みを疑ってもいい。 続きを読む 親離れできないのは優しい性格だからか、それとも刷り込まれたか|親との接点を見つめ直してみて

うちの子、なぜ消極的なの?と思う前に「親は特別な存在だ」と気づけ

親は特別な存在だからこそ子供心を受け止めなければならない   小学生の我が子が嬉しそうに、そして誇らしげに写生画を抱えて持ってきました。 先日の写生大会で入選した水彩画です。 母親は興味深かそうにのぞきこみます。 「上手 続きを読む うちの子、なぜ消極的なの?と思う前に「親は特別な存在だ」と気づけ