人は無意識に言い訳する|解析していくと自分の本音が見えてくる

人は無意識に言い訳をするもの。話を聞いてくれない、と愚痴を言いながらも、よくよく考えてみると相手に威圧されていたとわかる。大きな声に弱く、そこを狙われ無理強いをされてた。本気で打ち込める物がないから、それが見つかるまで定職には就かないと主張するフリーター。本当はやりたい事があるらしい。だが本気で取り組んで失敗した事を考えると真正面からぶつかれない。 続きを読む 人は無意識に言い訳する|解析していくと自分の本音が見えてくる

依存か独立か|ごちゃごちゃと混在しているのが人間なんだ

あなたは〇〇に依存している、と批判する人がいます。度が過ぎるなら確かに依存と独立の違いを説明する必要もあるかもしれない。が、普通の人間どうし関係ならケーズバイケースでもたれかかったり、かかられたりするものだ。人を独占し自分だけの物にする事でしか安心できない人に限って、依存と独立を語ろうとする。そんな言葉に惑わされずにいい塩梅できるのが健全な人間なのです。 続きを読む 依存か独立か|ごちゃごちゃと混在しているのが人間なんだ

誰にもある無自覚な二面性|噴出して初めて知るもう一人のワタシとは

自己紹介の時、長所と短所を背中合わせの特徴として述べる事がある。が、人間の内面は容易には見通せない。来るべき時に初めて気づく別の私がいる。家庭的と思われた女性が離婚3回とか、仕事一筋の経理部長が横領で逮捕など。窮地に追い込まれないと歪んだ自己愛は姿を見せない。自分と向き合って突き詰めておくのが災難を回避する手段なのだ。 続きを読む 誰にもある無自覚な二面性|噴出して初めて知るもう一人のワタシとは

自分がわからない|どんな性格なのか、なにに興味があるのか、どんな道に進みたいのか

自分がわからない、と思う瞬間がある。進学や就職など、将来を決める大切な節目で我が身を鑑みた時、いったい自分は何がしたいのかが見えてこない。他人と比較して際立っている部分が自分らしさでもあるし、興味を引かれるものが見当たらない時は、視野を広げるんです。より多くの選択肢を持つためには、多くを見聞きすることが一番なんです。 続きを読む 自分がわからない|どんな性格なのか、なにに興味があるのか、どんな道に進みたいのか

本当の自分が分かっている人なんてそんなにいない|みんなこんなふうに悩んでいるんだ

自分の事は自分が一番わかっている、という人がいる。でも、実際には自分が思っている自分と、他人がどう見ているかに違いがある。バランスの取れた思考を本物の自分にすればいいんです。つまり、生まれつきが本当の自分ではないの。周囲のからの意見に耳を傾け、ダメ出しをしてもらい、良いものを吸収して自分を作り上げればいいんです。 続きを読む 本当の自分が分かっている人なんてそんなにいない|みんなこんなふうに悩んでいるんだ