復讐が生きがいになって命を繋ぎとめる|やり返せず死ねるかよ、という思いが喪失感から心を救う

江戸時代には『仇討ち』という合法な仕返しがありました。現代社会は三権分立のもと司法が罪人を裁くことになります。被害者の家族が復讐を果たすことはできないんです。でも、復讐心には喪失感に打ちひしがれた心を立ち上がらせる力が宿っています。憎い相手の顔面が苦痛に歪むのをじっくりと拝んでやる、と残酷な心の声が病んだ心を持ち上げるのです。 続きを読む 復讐が生きがいになって命を繋ぎとめる|やり返せず死ねるかよ、という思いが喪失感から心を救う

病原菌との戦いでボクらができること|鳥インフルや豚コレラは焼却、コロナは?

新型コロナが感染拡大で、改めて人の命の尊さに気づかされる。鳥インフルや豚コレラは焼却処分で感染を食い止めるのだ。だが人といえども、もし感染で亡くなられれば即、厚手の樹脂シートに包まれ家族すら面会することなく火葬に回される。いたってビジネスライク。人命が優先で、死んでしまえば感染を100%避けて処分する病原菌との戦いなのだ。 続きを読む 病原菌との戦いでボクらができること|鳥インフルや豚コレラは焼却、コロナは?

レジリエンス高め|柔軟な心でストレスをケチらしてしまえ

レリジエンスとはストレスを跳ね返す能力のこと。生まれつき持っている人はいない。誰もが無力感から始まり成功体験を積み重ねて強くなっていく。自分の考えを包み隠さず周囲に伝えれば、必ず助言が得られる。厳しいこともある。でもそれしか正しい自分を獲得できる道はない。架空の力で冒険をしても成長など見込めず、問題に直面してぶちのめされる。 続きを読む レジリエンス高め|柔軟な心でストレスをケチらしてしまえ

自分の地位を利用して生きる抜け目のなさとは|使わない手はないぜ

人生の荒波を乗り切るには工夫が必要だ。実力だけじゃ上手くはいかない。ひと手間かけて自分の魅力を増すのです。シンガーソングライターが若者を声を代弁することで熱狂的な支持をうけ、マイノリティーの心細さを上手く利用して人間の暖かさを前面に出す。理不尽すぎる人生で、何もかもが嫌になった人には新興主教が手ぐすね引いて待っている。 続きを読む 自分の地位を利用して生きる抜け目のなさとは|使わない手はないぜ

どうやって生きていったらいいかわからない|職業偏

どうやって生きていけばいいのかわからない、と定職に就かずプーを決め込んでいる人。その原因は仕事への関わり方が甘かったから。本気で仕事をしていれば与えられた仕事の何に耐えられなかったかが分かる。そうすれば、次の選択肢が見えてくる。ヤル気云々で仕事に就かずにいるとしたら、趣味の延長で暮らしていけない厳しさを知るしかない。 続きを読む どうやって生きていったらいいかわからない|職業偏