死とは全身麻酔と考えれば怖くない|魂とアルツハイマーの関係からひもとく

魂とは?死んだ肉体から離脱し、天井の片隅から我が身を見て「ああ自分は死んだ」と理解すると言う。アルツハイマー病の末期、自分が誰なのかわからない。それが死の瞬間に現実を把握する脳機能が戻るなどない。脳と魂は全くの別もので、死とはいわば全身麻酔のようなものと理解すれば恐怖は遠のく。 続きを読む 死とは全身麻酔と考えれば怖くない|魂とアルツハイマーの関係からひもとく