相対的幸福論のすすめ|あんときに比べりゃどーって事ないじゃん

相対的幸福論とは人生そのもの。人は喜怒哀楽を相対的に感じ取って生きている。だからピンチが来たら、それよりもヤバイ事態を思い出して乗り越えるのです。間違っても、前世が悪行説になど引きずり込まれないように。死ぬまでに損得の帳尻など合わせられるわけがないのです。 続きを読む 相対的幸福論のすすめ|あんときに比べりゃどーって事ないじゃん

信頼される人になるためには|ブレない、重要度と犠牲、普通っぽい雰囲気

信頼される人とは?ブレずに最初の目的を確実に完結する。前提条件が変わってきたら、そのインパクトにどう対処するかを判断する。その為には仕事の重要度や優先順位をみながら、できない部分は繰り抜いて後回しにし、全体のバランスが崩れていないのを確認する。信頼されるには穏やかで誰とでも話ができなければならない。自分の仕事で手いっぱいにならぬようメンタルを整える方法を実践しているのだ。 続きを読む 信頼される人になるためには|ブレない、重要度と犠牲、普通っぽい雰囲気

中途半端に耐えるメンタル|日本人はコロナの空気椅子に耐えられるか

我々日本人にとっては中途半端な状態での待ちがもっとも辛い。出口の見えないトンネルで延々待たされるのが時間厳守の国民のメンタルを削る。白黒どっちでもいい、片を付けろと叫びだす。新型コロナがそんな様相を呈してきた。第二波が爆発すれば自粛で仕事も取り上げられる。日程表で先の見通しを示しやれる事を提示して欲しい。 続きを読む 中途半端に耐えるメンタル|日本人はコロナの空気椅子に耐えられるか

変わりたい、という心の叫びとは|今を捨てたい心理の底にある物

変わりたい、と考える人は大勢いる。逆境に耐えるのが辛くなり自分を変えたいと。生まれ変わりのイメージに近く、全てをゼロクリアーし新しい人生に向かう事を望む。再スタートを切っても成功するとは限らない。同じように打ちのめされる可能性は高い。弱点を補って自分の完成度を上げていく泥臭さを避けては勝ちをもぎ取ることはできない。 続きを読む 変わりたい、という心の叫びとは|今を捨てたい心理の底にある物

自信がないのはアナタのせいじゃない|負のスパイラルから抜け出すには

三回連続して失敗すると偶然と思えなくなる。統計学的な傾向が見えてくるからだ。これが自己暗示へと導いて行く。自分には向いていない。もともと無理だったのだ。ダメだと分かっているなら勉強などバカバカしい、と。そして負のスパイラルが始まる。成功・失敗をAll or Nothingのように捉えてはいけない。努力のプロセスも含めて評価するのだ。 続きを読む 自信がないのはアナタのせいじゃない|負のスパイラルから抜け出すには