友人に囲まれているのに孤独感なぜ|ツーカーよりも信頼感を重んじるようになる

友達と一緒にいるのに孤独を感じる。自分だけが軽快なテンポの会話についてゆけない。ノリが悪いと思われないよう笑顔でいるけど家に帰ってどっと疲労が襲ってくる。口に出すと自分が惨めに思えて悲しくなる。が、ノリだけで交友関係を保てるのは時間の問題。歳を重ねるごとに価値観の違う人を求め、だからこそ信頼できる関係が構築できる。 続きを読む 友人に囲まれているのに孤独感なぜ|ツーカーよりも信頼感を重んじるようになる

目標にできる上司や先輩がいるのは最高の幸せなんだ

本当に信じ尊敬できる人に出会えるか否かは人生の岐路や試練に立たされた時、大きな違いがでてくる。あの人だったらこんな時どう判断するだろうか、と助言を求める事ができる。が、簡単にはそんな人は出てこない。むしろ信じた結果、人間不信に叩き込まれる事の方が多いのではないか。だとしたら、自分の中で信頼できる人と会話してみるのだ。弱気になって本来の自分を見失いそうになったとき、彼にたずねてみよ。 続きを読む 目標にできる上司や先輩がいるのは最高の幸せなんだ

相対的幸福論のすすめ|あんときに比べりゃどーって事ないじゃん

相対的幸福論とは人生そのもの。人は喜怒哀楽を相対的に感じ取って生きている。だからピンチが来たら、それよりもヤバイ事態を思い出して乗り越えるのです。間違っても、前世が悪行説になど引きずり込まれないように。死ぬまでに損得の帳尻など合わせられるわけがないのです。 続きを読む 相対的幸福論のすすめ|あんときに比べりゃどーって事ないじゃん

金・自由・健康だけが幸福ではない|バリエーション豊富でオーダーメイド的な本人固有の感覚

金・自由・健康が典型的な幸福だが一方でこれほど個人差のあるものはない。自己実現が幸せの根底にある故、個人と人類の幸福が真逆をさすケースもある。犯罪行為に幸福感を抱く者すら存在するわけだ。自分を犠牲にしても我が子が育つの楽しみにする親はザラにいる。人生捨てたつもりで罪を犯し、収監された刑務所で初めて友達を作る者すらいる。 続きを読む 金・自由・健康だけが幸福ではない|バリエーション豊富でオーダーメイド的な本人固有の感覚

柔軟性のある人とは|自分を信じて突き進めvs時には謙虚に疑う

柔軟性のある人とは対応力が高い。が、何にでも賛同するとなると自分を持っていない事になる。頑固や固執とは無縁だが、自分の考えを持っていなければならない。その上で謙虚に自分を疑う目も持っている。反対意見が周りに賛同された場合には、その理由を身に付けるために、反論者を頼って自分を高める事も忘れない人の事だ。 続きを読む 柔軟性のある人とは|自分を信じて突き進めvs時には謙虚に疑う