ヤバイ雰囲気を醸し出そうとおもったら、こんなテクニックがおススメだよ

ヤバイ雰囲気を醸す男が得をする。普段は明るく快活だけれど、時々、ワルの異常性を見せる。ウソをついたり、騙したりした相手はただでは済まさない。徹底的に罵倒しまくって二度と舐めた真似はしまいと悟らせる。これがつまらない問題に巻き込まれないための武装でもある。一方で、女性はそんなワルでヤバイ雰囲気を醸す男に惹かれていくのだ。 続きを読む ヤバイ雰囲気を醸し出そうとおもったら、こんなテクニックがおススメだよ

正々堂々のフェアプレイを称賛すべきか、反則ギリギリを期待すべきか|勝負は力に違いがあった方が面白い

正々堂々と戦うのは、真正面から戦って勝てると思った時だけ。勝機がなければルールの範囲内で反則ギリギリ自ら寄っていくんです。誰も想像だにしない作戦を立てても勝てない事の方が多い。もしも試合相手が試合途中でケガでもしようなら、弱点を見つけた如く、そこを狙い撃ちするんです。それは卑怯ではなく、勝ちにこだわるプロ根性なんです。 続きを読む 正々堂々のフェアプレイを称賛すべきか、反則ギリギリを期待すべきか|勝負は力に違いがあった方が面白い

ムカついた、怒り心頭したときの反撃は遊び半分くらいに抑えないと逮捕されるぞ

ムカついた時の反撃にも大人としての気遣いがないと自分がバカをみる。子供の頃みたいに、ストレートな仕返しは考えもの。大人になった今だから手に入る睡眠薬なんかは使ったらダメ。気分は本気だったとしても、半分お遊び程度で押えておくの。机の引き出しいおもちゃのゴキブリを入れておくとか、椅子の布地に水を染み込ませておくとか。 続きを読む ムカついた、怒り心頭したときの反撃は遊び半分くらいに抑えないと逮捕されるぞ

格上の相手なら一進一退にもちこんで一瞬の隙を突け|エリートは追い込まれると弱いんだ

実力差が歴然とした者どうしの戦いだったとしても、格下は作戦をたてて挑んでくる。焦りに対する免疫のないエリートの弱点を突いてくる。絶対王者は挑戦者を足元にも寄せ付けずに秒殺するのを周囲は着たいしている。その、おごり高ぶりを付け狙うのだ。一進一退で時間ばかりが過ぎていくとき、エリートは焦り、無謀な動きでねじ伏せようとする。 続きを読む 格上の相手なら一進一退にもちこんで一瞬の隙を突け|エリートは追い込まれると弱いんだ

デブが満員電車で体重をかけて押してきたら、こう反撃するんだ

満員電車にのっていて巨大なデブに押されてピンチになった事ありませんか。座席に座った人の膝に倒れ込みそうになったり。で、あのデブらは楽しんでやってる。ダイエット失敗の劣等感を掻き消すために、罪のない人に圧をかけてくる。それも不可抗力に見せかけられるラッシュ時の満員電車で。そんな時は重たいってはっきり言って構わないのです。 続きを読む デブが満員電車で体重をかけて押してきたら、こう反撃するんだ