オリンピックゴールドメダルが放つヤバイ雰囲気と水面下の戦い

アマチュア代表にとってオリンピックは負けられない舞台。エンターテインメント性で場を盛り上げるプロ選手とは違う独特の真剣度がある。「負けすなわち、その場で切腹」のような命がけの戦い。彼らの背後には純粋な応援団から最高の成果をもたらすギアのメーカーまでがエネルギーを注ぐ。それゆえ勝ちにこだわり反則ギリギリの手段を使うのだ。 続きを読む オリンピックゴールドメダルが放つヤバイ雰囲気と水面下の戦い

弱点を見つけて相手を叩き潰すために何をすべきか|口論のスペシャリストになる秘訣

交渉、口論には争点を徹底的に調べるのが鉄則。その中に勝利する武器が隠されている。負けず嫌いな性格を利用したり、争い事を嫌う相手なら事を荒立てる作戦が効果的。専門用語を並べ立てて、事態の細部を突くのも一案。業界用語を連発して相手に焦りが出てきたら、そこが白黒つける絶好のチャンスだ。 続きを読む 弱点を見つけて相手を叩き潰すために何をすべきか|口論のスペシャリストになる秘訣

勝負に勝つための相対性理論|自分が強いか相手が弱いかを利用できてますか

勝負に勝ちたいと思ったら努力を積み重ねるメンタルの粘り強さが求められる。が、実際の戦いの場面では、練習の成果を見せる直線的な心構えだと勝率は高まらない。勝ち癖を付けている人、勝ち方を分かっているチームには、相手を弱くするための手練手管が備わっている。自分の弱さを一瞬見せて油断を誘ったり、ハッタリで相手をビビらせる手法等だ。 続きを読む 勝負に勝つための相対性理論|自分が強いか相手が弱いかを利用できてますか

一人で勝負に出なきゃならないとき、どんなふうに心を奮い立たせればいいのか

一人で戦いに挑むのは心細いものですね。一緒に助けてくれる仲間がいないから自分しか頼る者はいないんです。どんなふうに心を奮い立たせれいいのか?客観的なもう一人の自分を作りだすの。そして、彼に向かって弱音を吐く。そして何が一番なのかを冷静な自分に応えさせてください。これを繰り返すうちに潜在意識が受け止め覚悟ができるのです。 続きを読む 一人で勝負に出なきゃならないとき、どんなふうに心を奮い立たせればいいのか

勝負師は軸をずらして相手の打つ手を封じ込める|想定外へと相手を呼び込むんだ

勝負にでるときタイマンを張るのは素人。勝負師は相手に仕事をさせない。軸をずらして相手が普段どおりの実力を発揮できないようにするの。相手の得意、不得意を見抜いて、苦手を狙い撃ちすると見せかけて別で勝負する。理系の男性がロジックでガチガチに攻めてきたら、女は感情論で立ち向かう。女だと思ってバカにしてるんじゃないわよ、と。 続きを読む 勝負師は軸をずらして相手の打つ手を封じ込める|想定外へと相手を呼び込むんだ