流れを呼び込んで運気を上げるには|スピリチュアルではない本物志向

運気というとスピリチュアル的と思われがちですが、ここでは実力で運を呼び込む方法をご紹介します。話が論理的、効率的で無駄がない、人脈をもっていて判断が適格等々を見つける。そして誰からも声を掛けられる親しみやすさで周囲に自分をアピールする。与えられたチャンスからは得られるものを全て吸収し、成長ぶりを見せつけるのです。 続きを読む 流れを呼び込んで運気を上げるには|スピリチュアルではない本物志向

最短で成長する|自分の欠点を5つ自覚すれば自然と修正がかかる

人は無意識に自分の欠点から目を逸らせようとします。少しくらいの不都合なら今のままの方が楽だから、と言う思いがある。でもマイナス部分を自然とプラスに変換できるなら、楽しいでしょ。それには自分と向き合って、欠点をえぐり出す作業が必要。友人の力も借りて欠点を列挙し、克服した姿を思い描いて潜在意識にインプットすれば作業完了です。 続きを読む 最短で成長する|自分の欠点を5つ自覚すれば自然と修正がかかる

考えを行動に移せないのはなぜか|すぐ動くための心の改善

なかなか行動に移せない人は常識を重んじる傾向にかる。人とかけ離れた突飛な行動を避けるためにの確認に余念がないのです。さらに自分の意思がどこからきているのかを知ろうとする自己分析型です。行動の動機を聞かれたら、即答できなければならないと考えている人です。これらを取り除いて、自分の周りの雑務を排除して目的にむかうのです。 続きを読む 考えを行動に移せないのはなぜか|すぐ動くための心の改善

点と点がつながるタイミング|自分への評価に納得して自信をつけてゆく生き方

努力と結果が正比例しない時、時間差で点と点がつながり像を形成する事がある。勝負の舞台が広い場合だ。自分が分からないと悩む人は周囲の評価を正しく得られていないケースが多い。嘘の自分をアピールして得た評価は時間が経っても点と点がつながらない。利点を伸ばし、欠点を修正する正しいサイクルを回す事が出来ずに生きているからだ。 続きを読む 点と点がつながるタイミング|自分への評価に納得して自信をつけてゆく生き方

オマエは既に負けている|結局、所詮、遅かれ早かれ、が口癖の人達を叩き直す

勝ち負け拘らないと公言し敗北の惨めさから自分を守ろうとする人。言葉の端々に‟結局、所詮、遅かれ早かれ“を散らして、勝つ気などさらさらないとアピールする。これが自己憐憫へと繋がっていく。頑張ったのに勝利できない可哀そうなワタシと自分を慰める。だが、周囲の同情がないのに不満が募り、狂暴性を帯び。誰でもいいから殺したいと。 続きを読む オマエは既に負けている|結局、所詮、遅かれ早かれ、が口癖の人達を叩き直す