最低、えげつない!|中の下を採用する人事部の思惑とは

美人よりも中の下のルックスの女性を採用する方がメリットが大きい。男は賢さで女はルックスという考えは捨てた方が企業の為。キレる男に所帯を持たせるには、外の合コンで持って行かれちゃう美人よりも、社内でどっしり腰をすえるブスの方がいい。サザエさんの家に峰不二子が訪ねてきたら男は鼻の下を伸ばし、サザエさんはストレスが溜まるだけなのです。 続きを読む 最低、えげつない!|中の下を採用する人事部の思惑とは

謙虚なのに気持ちが悪い人|その裏に隠れたえげつなさとは

謙虚なのに気持ちの悪い人。親密になって暫くすると「なんだ、こいつ」と普通と違う変な感じがする。じっくり観察するとまさに珍味。計算高く、相手をマインドコントロールし、誰にも引けを取らない頭脳をもっていると思い込んでいる。いい人と真正直を装っているから卑劣な言動を腹の底で押し殺している。その目的は賞賛されたい欲求を満たす事。 続きを読む 謙虚なのに気持ちが悪い人|その裏に隠れたえげつなさとは

口論になるのが怖い|もめ事を避けようとする事なかれ主義とは

事なかれ主義になるには、それを育成する家庭環境がある。まったく喧嘩のない両親は子供に安心感を与えるが、度が過ぎたとき異変を感じる。あえて意見の衝突を避け、波風を立てる事はご法度と子供は理解する。もしくは夫婦が意見の不一致ごとに徹底抗戦にでる。一歩も引かない対立が閉塞的な空気をもたらす。意見の食い違いイコール、家庭の崩壊と理解するのだ。 続きを読む 口論になるのが怖い|もめ事を避けようとする事なかれ主義とは

現状主義に時々スピリチュアルをまぶして気持ちを穏やかに

現実主義だけだと辛すぎる。少しスピリチュアルを混ぜて気持ちを休める。お寺で売ってるお守りや達磨。気持ちを慰めるなら占いで運気上昇のタイミグを教えてもらう。ビジネスで失敗したら、プロセスを見直しよかった所を自分の糧にする。絶対に高価な掛け軸や水晶に手を出さない。後戻りさせない為に敢えてお金の魔力で引き留めているのだから。 続きを読む 現状主義に時々スピリチュアルをまぶして気持ちを穏やかに

そのリフレッシュって効果的ですか、それとも無意味?デスクに戻った瞬間ゲンナリは間違った気分転換

モーツアルトを聴く、静かに瞑想するなどを脳のリフレッシュ方法として紹介されているが、必ずしも解放感が与えられるとは限らない。むしろ、各自が楽しみと考える事をイメージする事で脳内で幸せホルモンが分泌され意欲が高まる。普段から心がけたいのは太陽光を浴び、リズミカル運動をする事で脳がセロトニンを分泌する習慣をつけたいものだ。 続きを読む そのリフレッシュって効果的ですか、それとも無意味?デスクに戻った瞬間ゲンナリは間違った気分転換