自分の機嫌を良くすりゃ人間関係も良好になる|怒りや焦りを感じた時の対策とは

普段から温和で機嫌良くしているのが人間関係を良好に保つ秘訣。怒りを抑え込んで平然としているのが大人のマナーで、それが良い結果を招く。その為には怒りを噴出せずにいられた時のご褒美を自分にプレゼントする。ピンチで大声を出しそうな自分を、自虐的に眺めて楽しむ。スケジュールに余裕を持たせる。他力本願で人の力を借りるなどがある。 続きを読む 自分の機嫌を良くすりゃ人間関係も良好になる|怒りや焦りを感じた時の対策とは

絶体絶命を楽しむマゾヒスティックな嗜好こそが斬新さを生み出し、創造の壁を乗り越えるチャンスなんだ

絶体絶命のピンチです。全て出し尽くして残されたアイディアは皆無なのです。ストレスが重くのしかかってきます。この状態こそがチャンスを生み出す環境なのです。上手く対処できるかと、ヤバイ事態をもう一人の自分が自虐的に上から見ている。この自虐的な嗜好こそがストレスを味方に着ける妙なのです。現代社会、少々しくじったってどーって事ないと腹を括れば、苦しいが楽しくなる物なのです、 続きを読む 絶体絶命を楽しむマゾヒスティックな嗜好こそが斬新さを生み出し、創造の壁を乗り越えるチャンスなんだ

改善の余地あり|問題に気づける人と気付けない人

気がつく人と気がつかない人で分けると、圧倒的に女性が有利なんです。生まれつきだから仕方がない。女房が美容院に行って髪を切っても気付かない亭主って相当多いはず。男は注意を払っていないと微妙な変化に無頓着なのです。でも仕事となると相場観が働く。子供の頃からチョンボの多い人は最後の見直しに些細の時間を割くことを怠っているだけなのです。 続きを読む 改善の余地あり|問題に気づける人と気付けない人

焦らない技術|心をコントロールしてテンパらない

想定外の事態になればだれでも焦るのが当たり前。無理に平然とする必要はない。緊張タイプの焦り性には、場数を踏むことで確実に慣れてくる。仕事に特別意識をもたず、ただ漫然と作業しているから想定外の事が多発する。事前準備をして、考えられるイレギュラー対策を考慮しておけば充分。それ以上には即答の必要はない。 続きを読む 焦らない技術|心をコントロールしてテンパらない

ネガティブなエネルギーが溜まりつつある|捨て鉢から抜け出す方法とは

失敗が重なると気持ちがネガティブになる。一つだけなら冷静さを保てるけれど、複数重なると捨て鉢になってしまう。俺はダメ人間だ、もうどうでもいい、と。脳が混乱し感情が先走った結果です。理不尽な不幸に襲われ、仕事のミスを連発した場合、感情的になりながらでも事実を紙に書きだすのです。視野に入る事実が入ることで冷静に対処できるのです。 続きを読む ネガティブなエネルギーが溜まりつつある|捨て鉢から抜け出す方法とは