コロナ感染の第一波と第二波の違いから新たな STAY HOME ONE WEEK 作戦を展開すべき

コロナ感染の第二波が到来しつつあります。でも政府と医療機関の意見は食い違っている。政治家だってバカじゃない。医者の言い分が正しいのはわかっているんです。でも経済活動を止めるわけにはいかない。その上でマクロ提案です。波の立ち上がりっぱなにSTAY HOMEをぶつけるんです。無症状感染者を治癒させるための1週間の非接触をつくるんです。 続きを読む コロナ感染の第一波と第二波の違いから新たな STAY HOME ONE WEEK 作戦を展開すべき

コロナ重症患者が爆発的増加するわけ|東京感染者200人越え連続

新型コロナの感染者200人越えが発生した。国も都も、補助金の出費を恐れ自粛緩和を取りやめられないのに、重症患者の減少傾向を盾にして自粛に再突入すべきではないとしている。キャバクラやホストクラブでの感染は緩和後の1次目で、30代以下だから軽症、無症状で済んでいる。が、そこから2次感染が高齢者に広がるのは時間の問題。 続きを読む コロナ重症患者が爆発的増加するわけ|東京感染者200人越え連続

コロナで脳への後遺症あり|軽症や無症状と高を括る若者も真剣に考えないと

「新型コロナウイルスが脳への後遺症を引き起こす」はあまり知られていない。退院した元患者が「枕元に悪魔が立っていて、上から自分を睨み付けていた」なんて幻覚を見る。元患者すべてではないし、原因も未解明。だから大々的には報道されない。こんなシリアスな問題がありんがら、自粛緩和を取り下げない理由は一時給付金の金がだせないから。 続きを読む コロナで脳への後遺症あり|軽症や無症状と高を括る若者も真剣に考えないと

ジレンマに潰されるリーダーと打開できる実力派の違いとは|自粛と営業は都知事の権限で決めればいい

対極にある二つの問題。片方の解決がもう片方の悪化につながる。釣り合ってるとジレンマが生じどっちにも手が出せない。コロナを叩けば一緒に経済もつぶれるって仕組み。このジレンマに潰されるリーダーは平等感にとらわれている。“飲食を伴う夜の接待”をひとくくりにするから事態が悪化する。開店、閉店を都知事権限で決めればいいじゃない。 続きを読む ジレンマに潰されるリーダーと打開できる実力派の違いとは|自粛と営業は都知事の権限で決めればいい

生き残るために嘱託リストラ、年金前倒し、議員削減、在宅勤務でワクチン完成まで粘るしかない

コロナが経済と働き方を一変させた。自粛緩和するものの第二波が怖いがワクチン完成まで騙し騙し生き続けるしかないのだ。年金対策の嘱託雇用者から退職させて年金支給を早める。消費税アップと銀議席削減と仕分けで金を浮かせる。使えない嘱託社員を切ったらあとは生産性を上げるのは企業の実力。在宅勤務の導入で無駄な出費を省くんだ。 続きを読む 生き残るために嘱託リストラ、年金前倒し、議員削減、在宅勤務でワクチン完成まで粘るしかない