オンライン・ミーティングは存在感の見せどころ|自己アピールにはもってこいなんだ

Pocket

新型コロナウイルスの感染予防ですっかり定着したオンラインミーチィングですが、苦手だという声がたくさん聞こえてきます。相手の姿が見えないから一方通行感があって、どうもしっくりこないようなのです。

プライベートでいっとき流行したオンライン飲み会も実際に集まって酒を酌み交わすようなアットオームの盛り上がりには欠けるのでしょう。最近はめっきり聞かれなくなってしまいました。

でも、その苦手意識を逆手にとって、ここは一発自己アピールに使ってみてはいかがでしょうか?

コツさえつかんでしまえば案外武器にできるのです。

ここではオンライン・ミーティングを有効活用して存在感を見せる技をお伝えしてゆきたいと思います。

 

聞いていますよと存在感をアピールする

 

オンラインの打ち合わせって話し手の一方通行になりがちなんです。PCのスピーカーを通しての控え目な相づちしか反応がないと独演会みたいになってしまいますね。

「もしかしたら誰も聞いていないかも」とか「つまらないのかなあ?」と不安になってくるんです。

かと言って聞き手側だって気の効いた質問なんてそうそう思いつくものでもないでしょ。

そういう時に有効なのが、

「えっ??今のところもう一度いいですか!!?」と唐突に口をはさむ。

話している最中にこれ言われたらどう感じますか?

 

何か変な事言っちゃったかな!!?

この話題って珍しい?

えっ、そんなに興味あるの?

 

いずれにしても聞き流せない・スルーできない情報なんだなあと思いますね。それと同時に話し手も気持ちが引き締まります。

真剣に聞いてくれているんだ、と安心感が出てくるわけです。

 

言う側は強引かつ唐突に話を遮るわけですから勇気が要ります。大きめの声でガツンと言わないと話している相手には届きません。

中途半端に小声で囁くならやめておいた方がいいんです。

でも、これができると効果抜群ですよ。

 

司会者のような立ち振る舞い

 

意見を求められるシチュエーションってありますね。

「〇〇さんはこの件についてどう思いますか」と振られるケースです。

その時はチャンスです。

自分の意見を言って終わりにしないでくださいね。あたかも司会者のような立ち振る舞いで別の人に意見を求めるんです。

こんな具合です(例):

「〇〇〇がワタシの意見です。で、以前感染症について小論文にまとめたAさんの考えを聞いてみたいのですが、いかがでしょうか。Aさんはどのように考えていますか」

本来、誰に意見を求めるかは司会者の役割です。でもオンラインミィーテイングの場合、話し手だけが一方的に言葉を発する場になりがち。だから少しでも他の参加者が口を挟むことで場の雰囲気が盛り上がるのです。

さらに、ここで指名を受けたAさんが以前感染症を小論文にまとめたという事実をしっかり踏まえての発言ですから重みもあります。

こういう話の振り方は全然ありなんです。

凄く良い印象を残すことになるんですよ。

 

意見に共感する

 

意見を言ってくれた人のフォローも忘れないでくださいね。意見を求められてせっかく言葉を発してくれたんです。それを何のフォローもなく終わらせたのではその方が気の毒です。

オンラインでみんなの様子が見えないのは誰もが感じる不安要素です。

「なるほど〇〇〇〇なのですね」と共感を示すのがオーソドックスかつ簡単な方法です。

このフォローを入れてその話題を終えるようにしてください。

 

議事録のまとめ役を買ってでる

 

打ち合わせをしたら、どんな内容だったかを議事録として残します。結論が出たのならそれを記録するし、みんなの意見が割れてまとまらなければ討議は次回以降に持ち越しという内容で記録しておけば言い訳です。

もし、この議事録をまとめる係が決まっていなければそれを買ってでるのも自己アピールのひとつです。

これを自分の仕事として引き受けると、次の会議の際に口をはさみやすくなります。

「前回の打ち合わせで懸案になっていたのが〇〇ですが、、、」という形で自然に存在をアピールできるわけです。

それが当たり前になってきたら、少しずつ自分の会話のペースに参加者を巻き込んでいきます。

言葉の端々に人が気になる言葉やフレーズを散らして相手を引き込みます。

 

意外な(過去、、、)

まさかの(結末、、、)

想像もつかない、、、

超サディスティックな、、、

日本では考えられない、、、

 

こういう言葉を少し散らしてみてください。目には見えないないかもしれませんが、聞き手の耳がピクッと動いているはずです。

だんだんと、困った時やミーテイングの流れが悪くなったときは彼に話を振ればなんとかしてくれると頼られるようになるんです。

 

まとめ

 

オンライン・ミーティングは参加者の様子が見えませんから、とかく一方通行になりがちです。議事を進行する人にとってもやりづらい場面なんです。

このシチュエーションで存在感を発揮して自分をアピールしてください。

聞きたい事が思い浮かべばそれがベストです。でもいつも的確な質問が出てくわけもないんです

そんな時、「えっ??今のところもう一度いいですか!!?」

のひとことで存在感を高めるんです。

 

自分が意見を述べた後は司会者のように立ち回って別の人に意見を求めてミーティングに広がりを持たせるのです。

自然に発言の場を得る為に打ち合わせの議事録を取る役割を買って出る。前回の打ち合わせで懸案となっていた事柄を振り返るところから声をだして存在感をアピールするのです。

     【広告】

関連記事

     【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*