謙虚なのに気持ちが悪い人|その裏に隠れたえげつなさとは

謙虚なのに気持ちの悪い人。親密になって暫くすると「なんだ、こいつ」と普通と違う変な感じがする。じっくり観察するとまさに珍味。計算高く、相手をマインドコントロールし、誰にも引けを取らない頭脳をもっていると思い込んでいる。いい人と真正直を装っているから卑劣な言動を腹の底で押し殺している。その目的は賞賛されたい欲求を満たす事。 続きを読む 謙虚なのに気持ちが悪い人|その裏に隠れたえげつなさとは

口論になるのが怖い|もめ事を避けようとする事なかれ主義とは

事なかれ主義になるには、それを育成する家庭環境がある。まったく喧嘩のない両親は子供に安心感を与えるが、度が過ぎたとき異変を感じる。あえて意見の衝突を避け、波風を立てる事はご法度と子供は理解する。もしくは夫婦が意見の不一致ごとに徹底抗戦にでる。一歩も引かない対立が閉塞的な空気をもたらす。意見の食い違いイコール、家庭の崩壊と理解するのだ。 続きを読む 口論になるのが怖い|もめ事を避けようとする事なかれ主義とは

現状主義に時々スピリチュアルをまぶして気持ちを穏やかに

現実主義だけだと辛すぎる。少しスピリチュアルを混ぜて気持ちを休める。お寺で売ってるお守りや達磨。気持ちを慰めるなら占いで運気上昇のタイミグを教えてもらう。ビジネスで失敗したら、プロセスを見直しよかった所を自分の糧にする。絶対に高価な掛け軸や水晶に手を出さない。後戻りさせない為に敢えてお金の魔力で引き留めているのだから。 続きを読む 現状主義に時々スピリチュアルをまぶして気持ちを穏やかに

自分の機嫌を良くすりゃ人間関係も良好になる|怒りや焦りを感じた時の対策とは

普段から温和で機嫌良くしているのが人間関係を良好に保つ秘訣。怒りを抑え込んで平然としているのが大人のマナーで、それが良い結果を招く。その為には怒りを噴出せずにいられた時のご褒美を自分にプレゼントする。ピンチで大声を出しそうな自分を、自虐的に眺めて楽しむ。スケジュールに余裕を持たせる。他力本願で人の力を借りるなどがある。 続きを読む 自分の機嫌を良くすりゃ人間関係も良好になる|怒りや焦りを感じた時の対策とは

絶体絶命を楽しむマゾヒスティックな嗜好こそが斬新さを生み出し、創造の壁を乗り越えるチャンスなんだ

絶体絶命のピンチです。全て出し尽くして残されたアイディアは皆無なのです。ストレスが重くのしかかってきます。この状態こそがチャンスを生み出す環境なのです。上手く対処できるかと、ヤバイ事態をもう一人の自分が自虐的に上から見ている。この自虐的な嗜好こそがストレスを味方に着ける妙なのです。現代社会、少々しくじったってどーって事ないと腹を括れば、苦しいが楽しくなる物なのです、 続きを読む 絶体絶命を楽しむマゾヒスティックな嗜好こそが斬新さを生み出し、創造の壁を乗り越えるチャンスなんだ