キミに任せたから後はよろしく|仕事を振られたときの対処方法

キミに任せたから後はよろしく、と仕事を部下に振る人。育成が目的か、悪意があるのか。仕事は組織で行うもの。指示命令系統が明確であって然るべきで、それが責任逃れを防止する。都合の悪い事を隠したまま業務を引き継ごうとする場合、いつでも前任者を戻せる策をとらなければならない。 続きを読む キミに任せたから後はよろしく|仕事を振られたときの対処方法

生理的に無理|ひとことで男を黙らせる女が使う強烈な反撃ワード

初対面の女性から「生理的に無理」と言われたら、なんと答えます?たぶん、相手の女性は言葉など期待していない。オマエは何も言うな、黙っていろ、という禁止令なのです。アニメ好きにとっては『アニメオタク』との言葉が、時には無神経にアニメを揶揄するように響く。それに対抗するには「アンタは生理的に無理」が釣り合いが取れるのかもしれない。 続きを読む 生理的に無理|ひとことで男を黙らせる女が使う強烈な反撃ワード

緊張して身体ガタガタ、頭真っ白|ここから脱却する技術とはなにか

人前で緊張し上手く発表できなかった経験ありませんか?体がガチガチで頭真っ白が招く悲惨な結果。高校生の部活で野球をやっていた時は、バッターボックスで一球目をおもいきり空振りしたものです。ダメさ加減を披露して自分の緊張を解く作戦。社会人として緊張する場面ではいかに対応すべきか? 続きを読む 緊張して身体ガタガタ、頭真っ白|ここから脱却する技術とはなにか

寄る辺なさから救い出す|不安に苛まれる人が社会の歯車になる為に

寄る辺ない感覚が時々でる。誰にでもあるんです。対処療法で、気持ちが落ち着く方法があればそれでいいの。幼少期の苛めが原因で時たま気持ちが暗くなる事もあります。苛め後遺症みたいに、トラウマ化しているなら専門の治療が必要。味方がいない孤独感がぶり返しているなら、ロジカルに当時と今の環境の違いを見極めれば気分は落ち着くはず。 続きを読む 寄る辺なさから救い出す|不安に苛まれる人が社会の歯車になる為に

心に存在する二面性|そこに嫌悪感を抱くと精神が病んでいく

人の心は二面的で、いわゆる『はしたない』思考など普通に存在する。あの人と一緒になりたい、でも他の女と結婚するなら殺す、という真逆な感情があっても不思議ではない。学校教師がSMクラブに通おうが何ら責められる行為ではない。ストーカー行為は犯罪だが、流行歌『まちぶせ』で女心を描いたユーミンは二面性を勇気をもって肯定している。 続きを読む 心に存在する二面性|そこに嫌悪感を抱くと精神が病んでいく