ストレスを貯め込んでいる人と逃がしている人|一見成功者にみえて、そのまま進めばドボン

ストレスで病んでしまう人がいます。受け止められる量は個人差があるが、ゼロ状態でうまく事を運べる人は少ない。仕事量がストレスの時、PCが力強い味方となる。ヒラメキが仕事の場合、外部からの刺激がアイディアにつながる。自分こそが真の成功者と言い、努力の片鱗すら見せないのを誇りにしているタイプが最もストレスフルかもしれない。 続きを読む ストレスを貯め込んでいる人と逃がしている人|一見成功者にみえて、そのまま進めばドボン

あなたの心は汚れてない|他人の幸せを素直に喜べない人

必死に生活基盤を整えようとしているうちはよそ見する余裕はない。幸せレベルがある一定に達した時、日本人は他人の不幸を喜びに感じてしまう。足並みをそろえ、皆が同じ方向に向かって進むのを好む民族であるから自分と他人を比較しやすいのだ。少しでも隣人より上に、と考えるうちに、相手が下がれば相対的にこっちが上がるという心理が働く。 続きを読む あなたの心は汚れてない|他人の幸せを素直に喜べない人

結果と同じくらい過程が大切|成果をイメージさせるプロセスの見せ方とは

仕事は結果が全てだという人がいます。確かに成果が得られなければ、仕事の意味はないのです。が、1年刻みで評価を受けるサラリーマンにとっては3年がかりの販売戦略の途中経過をどう見せるかで評価が変わってきます。売何を幾らで販売できるか、売れる環境を考と商品設定、商品価格までを中間報告で見せれば見込みが分かるのだ。 続きを読む 結果と同じくらい過程が大切|成果をイメージさせるプロセスの見せ方とは

期待されると最初嬉しくて、後でプレッシャーに変わる|それが勇気に変わる時

期待されると自尊心がくすぐられ嬉しくなりますね、頑張るぞって力が湧いてくるのです。野球の先発ピッチャーを任せると言われ、1週間前に言われ有頂天になっていても試合の3日前あたりで不安になってくる。応援がかえってプレッシャーとなるのです。自尊心があるから逃げるわけにいかない。踏ん張って試合に突入すればそれまでプレッシャーとして毛嫌いしていたものが急に力に変わるのです。 続きを読む 期待されると最初嬉しくて、後でプレッシャーに変わる|それが勇気に変わる時

仕事のゲーム化| 遊び感覚で競って結果を出すのだ

ゲームの世界はリアルになるほどに臨場感が湧いて興奮する。逆に言えば、本当の仕事をゲーム感覚で自由な発想を持ち込むのもありなのではないか。戦争や殺し合いは別にして、企業買収や町の開発などがシミュレーションするゲームもある。作業を効率化するアイディアを出したり、売り方・買い方に別れて契約締結までの交渉をしてみるのも。 続きを読む 仕事のゲーム化| 遊び感覚で競って結果を出すのだ