自信の持ち方|欠点を克服するか、得意分野でグイグイいくか

自分の欠点を克服して万能タイプになるべきか、長所を伸ばして輝く部分で勝負すべきか迷うところです。欧米教育は長所を伸ばすんです。日本は欠点を補って凸凹を平らにならす。努力を積み重ねて謙虚に第三者の意見やアドバイスを受けるタイプは、欠点を克服する方向に走りがち。ソツなくこじんまりと仕上がり、面白みに欠ける。 続きを読む 自信の持ち方|欠点を克服するか、得意分野でグイグイいくか

ぬる過ぎたらバカになる|脳を鍛えるか殺すかのさじ加減とは

脳は使えば使うほど良くなると言われています。でも、そこには大きな落とし穴がある。脳はストレスに対して柔軟だが限度はある。しかも個人によって異なる。ぬる過ぎるストレスは人を堕落させるが、強過ぎれば鬱に落ちる。強いストレスがかかった後は発散できる環境が必要で、交感神経から副交感神経へのスイッチングが必要なんだ。 続きを読む ぬる過ぎたらバカになる|脳を鍛えるか殺すかのさじ加減とは

毒を吐く先輩|虚勢を張っているだけか実力者かで対応が真逆なんだ

毒を吐く人には二通りのタイプがある。一つは弱い自分を隠すために虚勢を張っている人。もう一つは本当に実力のある人。前者は陰で小ばかにしてストレスを発散すればいい。後者は自分の主張を押し通すだけの力があって、上司や部下関係なしに言いたい事を発します。そこに気づけば、互いに毒を吐き合う関係になれるかもしれない。 続きを読む 毒を吐く先輩|虚勢を張っているだけか実力者かで対応が真逆なんだ

脳は悪い事に対して異常に敏感に反応する|非科学的な祈りへの執着

人間の脳は悪い事に対して異常に敏感に反応してしまう。その反応が功を奏して太古から生きながらえてきたが、現代社会では過剰な反応となることもある。つい、うっかりした事が、思わぬ失敗につながったとき、そこに非科学的な因果関係を見出してしまう。無意味な恐れや不安が胸を締め付け、一心腐乱に神に祈りを捧げたりしてしまう者もいる。 続きを読む 脳は悪い事に対して異常に敏感に反応する|非科学的な祈りへの執着

オレは特別なんだという自己愛まみれの伊勢谷友介|日本じゃ違法でしょ、知ってるよ、弁護士が来たら話すから

伊勢谷友介が大麻所持で現行犯逮捕された。東京芸術大卒のインテリ二枚目俳優だが、もう一つぱっとしない。役柄が限定的で自己流の役作りの感じ。監督業や教育業にも乗り出した。本人はこんなはずじゃなかったと思ってい。「法律違反は知っている。弁護士がきたら話します」と平然としているあたり、自分は特別だと言わんばかりの自己愛の闇を感じる。 続きを読む オレは特別なんだという自己愛まみれの伊勢谷友介|日本じゃ違法でしょ、知ってるよ、弁護士が来たら話すから