脳への負荷の掛けたか|疲れても考え続けるか休むべきか

脳への負荷の掛け方とはいかなるものか?疲労困憊しながら必死に考え続けることか。考え抜いた結果、値千金の答えに辿りつくかもしれないが、それは鬱への地獄道だ。得意な野でありながら、上手く回答できない問題に、疲労の無い脳が挑む事が一番。脳はフル回転し、試行錯誤しながら脳が全力を絞り出す時こそ正しい負荷がかかった状態だ。 続きを読む 脳への負荷の掛けたか|疲れても考え続けるか休むべきか

小さな事で悩んだり、不幸を受け入れながら生きるパラドックス

人生±ゼロを信じると不幸を喜び、幸福を不安に感じるようになる。今のうちにたっぷり辛苦を舐めおけば将来必ず大きな幸運が舞い込んでくるのだと。頭で分かっているうちはいいが、潜在意識が認めると生き辛い人生を招く。美味しい物が食べられない、面白いテレビが見れない、好きな人と一緒にいられない。全て楽しい事が不安と化すのだ。 続きを読む 小さな事で悩んだり、不幸を受け入れながら生きるパラドックス

全身麻酔みたいな死後の世界|こんなに辛いなら死んだ方がマシだ

芸能人の自殺のニュースが頻発している。酒とドラックを同時に試すようなバカな死にかたじゃなく、悩みの末に選択した死。多くの問題に精神を押しつぶされるようにして決めた最期のむかえかただったように思える。スピリチュアルな死後の世界に救いを求めたのではなく、全身麻酔で心身の感覚をなくすように死んでいった。 続きを読む 全身麻酔みたいな死後の世界|こんなに辛いなら死んだ方がマシだ

単純化すると楽になるでしょ、それがマインドコントロールの始まりなんだ

複雑極まりないこの社会でシンプルライフなどありはしない。一方だけを見て真っ直ぐ進む先に真実などない。ひたすら祈り、手を合わせ続ければよいとはカルト宗教の勧誘のセリフ。不都合な情報を遮断し、視点を固定して思い通りに動かすマインドコントロールだ。そこから抜け出すには身体じゅうを傷だらけにしてでも後悔を味わうしか手段はないのだ。 続きを読む 単純化すると楽になるでしょ、それがマインドコントロールの始まりなんだ

ズルズルいって気が付いたら後戻りできないヤバさ

ズルズルと引きずり込まれるリスクには注意が必要。気が付いたときには、もう手遅れなんてゴメンですね。電話による勧誘は綿密に考えられたQ&Aをくしして、受話器をなかなか会話を打ち切れない。甘い物が大好きな人がダイエット挑戦したときに口にするのは、「明日から甘い物は止める」という一見、甘味否定に聞こえる肯定のセリフです。 続きを読む ズルズルいって気が付いたら後戻りできないヤバさ