竹内結子の空白の1時間は不自然だったのか|腹をくくってタイミングを見計らっていたのです

竹内結子さんが亡くなった9月27日の空白の1時間が取沙汰されている。明るかった人が突然自ら命を絶ったのが腑に落ちないと。夜中の1時、2時に14歳の息子が起きていたのも妙だという人もいる。 だが、原因は分からぬが、縊死とは衝動性よりも計画性。学校が休みの前夜、夫と息子が夜遅くまで語り合っているのは結子さんにとって心から安心できる事だった。 続きを読む 竹内結子の空白の1時間は不自然だったのか|腹をくくってタイミングを見計らっていたのです

キラキラキャピキャピがいいか、地味で目立たぬ方が手堅いのか|金 or いぶし銀

キラキラ人生を謳歌している人だって、裏で自分を見つめ直す寡黙な時を過ごす。そうやって人はバランスを保つ。表の延長が裏であるかのような表裏一体と、人のメンタルは大きく違う。バクチ打ちは運に乗って勝てるところまで勝って、陰りが見えた瞬間に勝負から下りる。プラスが大きくなければならない。でも人の心はプラマイゼロで健全なのだ。 続きを読む キラキラキャピキャピがいいか、地味で目立たぬ方が手堅いのか|金 or いぶし銀

自殺の連鎖から自分を守れ|嫌な事と好きな事を整理し、断片的なアイディアを書き留める

自殺は連鎖する。将来を約束された実力者が自ら命を断つ。そして、またあの人もとなると、こんなに辛い状況のワタシだって死んで楽な道を選んでもいいと連鎖していく。人は複数の問題を抱えた時、思考が定まらず堂々巡りに陥る。それがメンタルを蝕み、もう楽になりたいと考える。それを避ける為には悩んだ事を書き留めて堂々巡りを断つのです。 続きを読む 自殺の連鎖から自分を守れ|嫌な事と好きな事を整理し、断片的なアイディアを書き留める

過剰性同調障害なのか単なる気の使い過ぎか|本音を吐いた瞬間に解決かも

人の意見に反対できない、いつも言いなり等々、自尊心の低さから過剰性同調障害かもと悩む人がいる。悪化すると解離性同一障害に陥る可能性も。が、誰にでも「長い物には巻かれろ」的な発想で難局を逃れる知恵がある。幼少時に親の顔色を見て育つと反論行為が不得手となる傾向がある。大袈裟に考えず、一つ二つ本音を口にしてみるのがおススメ。 続きを読む 過剰性同調障害なのか単なる気の使い過ぎか|本音を吐いた瞬間に解決かも

心の断捨離|誤った価値観と自己嫌悪から逃れる方法

心の断捨離とは生きづらさの原因となる誤った価値観を整理する事。頑張り過ぎや完璧を求めるのを止めて柔軟に生きる。自分の中の誤った価値観を把握する必要があります。ヒントは親が幼少の頃から刷りこんだ価値観。それらをノートに書き留めると潜在意識が手放します。心が軽くなったら顕在意識を没頭させる楽しみを見つけてください。 続きを読む 心の断捨離|誤った価値観と自己嫌悪から逃れる方法