私しだけが仲間に打ち解けられないのはなぜ

Pocket

仲良しグループの一員のつもりなのに、自分だけが打ち解けられていないように思えるとの事。

これって寂しいですよね。

一人だけポツンとしていて、窓の外をあがめているようなイメージが浮かんできます。

恋話、インスタ、好きなアイドル等々、話したいネタは山ほどあるのに欲求不満なのです。

ここでは、自分だけが仲間に打ち解けられていないと感じている方々に、その原因について解説してゆきます。

 

誰ともあまり喋らない

 

今、アナタは「自分だけが」と思っていますね。

人間、みんな最初は自分中心で考えますから仕方ないのですが、、、。

でも、仲良しグループのみんなをゆっくりと一人一人見てみると、どうでしょうか。

全員がまとまって話し合いなんてしていないでしょ。

たいていは、幾つかのグループに分かれているはず。

人間にはグループを構成する際に最適な人数があって、5人.6人くらいがちょうどいいんです。

たぶん、アナタの気持ちとしてはどれかのグループに入っていたいと思っている。

ちがいますか?

打ち解けていないと思えるアナタは、ある日はこっちのグループ、またある日はあっちのグループと、居場所を転々としていませんか?

でもどこにいてもポツンとしている気がする。

 

それぞれのグループには特色があって、話が合う者どうしが集まっているんです。

そこがとても重要で、微妙な相性みたいのが、心地よさなんです。

心地よいところを1つに絞る

 

だから、自分にとって心地よい雰囲気のグループがどこなのかをかぎ取らないとダメなんです。

で、ここだと決めたら、そこに入り浸らないとダメ。

あちこち転々としていたのではそのグループの人たちだって落ち着かないでしょ。

ここがいいときめたら、話しかけられてもかけられなくても腰をすえて仲間に加わる覚悟をもたないと友達なんてできないんですよ。

 

仲間だけど孤独をこのむタイプ

 

良く仲間を観察してみると、その場に居たり、居なかったりの子も存在しているはず。

居るにもかかわらず誰とも話さず一人でマンガを読んでいたり、音楽聴きながら雑誌をペラペラめくっているの。

仲良しグループには所属しているはずなのに孤独を好むタイプなんです。

でも、グループみんなでピップポップダンスを文化祭で披露する時は参加してくる。

練習にもしっかり休まずに出てくる。

学校帰りにカラオケ屋に寄るときは進んで参加する。

 

仲良しグループの中ではかなり変わった存在なんです。

不思議ですよね。

本人はそこに違和感は無いようだし、マンガを読んでいる横から、用事があれば躊躇なく話しかける。

つまり、こんなふうに仲間とかかわっている人もいるって事なんです。

他愛もない話をガヤガヤしているよりもマンガを読んだり、音楽を聴いている方が好き。

でも、まとまって何かやるときには仲間に加わる。

こういう関わり合い方だって有りなんですよ。

 

打ち解けていない理由を探ってみる

 

アナタ自信の思いを尊重して、打ち解けていない理由を探ってみましょう。

 

まず、打ち解けられない原因は:

  1. 発達障害かも。場の空気が読めないから他のみんなとどこかが違う。言動が突飛、唐突だからアナタが会話に参加すると話題の流れが止まってしまう。すっとんきょうな意見でかき回されている感じがする。だから、誰もアナタの意見を聞こうとしない。かといって、黙っているぶんには、害がないから必要以上に遠ざけるような意地悪はしない。
  2. 本人は意識していないかもしれないけれど、頑固な性格ではありませんか?自分の意見に固執して、それを粘り強く説明しようとする。自分の思いが正しいと自信を持っているから、理解してくれるまで説徳を諦めようとしない。
  3. 人を寄せ付けない雰囲気がある、と言われた事はありませんか?意図的ではなく、話しかけづらいオーラが出ている人っているんです。オーラとまでは言わずとも、常に眉間に皺を寄せているようなクセありませんか?自分では気づかないけれど、眉間に皺を寄せている人って結構いるんですよ。
  4. 否定的な考えを言いがちではないですか?「っていうよりもさあ、、、、」っていうのは相手の言い分を否定しているように感じさせます。これ以外にも冒頭に「だから、、、」をつけるつける人は、相手に“何度同じことを言わせるんだ”的な嫌味を感じさせてしまいます。

このあたりを思い起こして、一度自分のクセを見てみてるといいですよ。自分では分かりづらい一番最初の発達障害は専門書を読むなり、WEB検索することで、自己診断が可能です。

幾つかの設問に答えると形式である程度判明します。

発達障害は一種の個性だという人もいるくらい、ポピュラーで多くの人が何かしらの面で発達障害を有していると言います。

自分がどの面で他の人と違っているかを知るのは今後の人生を上手く生きていく上で大切です。もし、思考や言動にクセがあるのだとしたら、それを自分でわかっているとある程度矯正できますから。

人懐っこさが足りない

ひとなつっこい人は、憎めないところがあるでしょ。

慣れ慣れしくて、あまり気をつかわずに相手の懐にはいってしまうタイプ。

初対面の人や、それまでに限られた付き合いしかしていないと、どうしても気を使うでしょ。

それも一つのマナーで、必要な時もあります。

でも、ひとなつっこい人は気を使いつつも、それをなるべく表に出さないようにして馴れ馴れしく接してくるんです。

これは作戦で、無理してでもベッタリくっついていくといいんです。

これができると、たいていの事は許されてしまうんです。

少しくらい失礼な事があっても、なんとかなっちゃう。

 

まとめ

仲間に打ち解けられない理由を集約してみると;

  1. 発達障害
  2. 頑固者
  3. 人を寄せ付けない
  4. 物言いが否定的
  5. ひとなつっこさが足りない

こんな理由が考えられます。
ただ、一人でいる事に何の抵抗おもなく、自分が関心をもつ集まりにだけ参加するタイプもいる。

仲間はいろいろなタイプの人間を受け入れる物で、以外にも自分が思っているほど深刻な問題でないことが多いのだ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*