心を切り裂き、押しつぶし、病ませる仕事ストレスから自分を守るために許容量を知る

仕事ストレスで心が押しつぶされてしまう人がいます。仕事の量と質が合わないとき、心が病んでくの。厳しい環境で仕事を強要されると逆らえない。心が悲鳴を上げているのに自分では気づかないくらい視野狭窄になってしまう。自分のキャパを知ることが最も大切なんです。今日は多めだと気付くことで、ストレスへの準備ができるんです。 続きを読む 心を切り裂き、押しつぶし、病ませる仕事ストレスから自分を守るために許容量を知る

得体の知れない恐怖とは|無言電話、差出人不明の脅迫状、多重人格、ぶっ飛び女

得ないの知れない恐怖にはバリエーションがある。相手が見えない無言電話や差出人不明の脅迫状。多重人格者も人格移動の瞬間は相当怖い。30分も真正面で向き合って話していた相手が、急に声のトーンが1オクターブくらい低くなって、目つきがギラッと鋭さを増して、ニヤリと笑いながら、「おまえさん、どこの誰だい??」とか言うの。 続きを読む 得体の知れない恐怖とは|無言電話、差出人不明の脅迫状、多重人格、ぶっ飛び女

不器用な人に潜む危険な兆候|正直者で通してもいつか見捨てられる

不器用な人の特徴や付き合い方がWEB検索で紹介さえている。不器用は治らないから、こっちがそれに合わせなきゃと考えられている。実直でウソがつけない良い面と、アタシ無しでは、という母性本能をくすぐる力もあるが、風化するのも時間の問題。なら、彼らの活路はどこにある?知識で周囲を凌駕する。だれよりも造詣の深い分野を持つことなんだ。 続きを読む 不器用な人に潜む危険な兆候|正直者で通してもいつか見捨てられる

怒りと攻撃性と惨めさと自己肯定のミックスジュース状態|何を拠り所に生きるか

背が低くて脚の短い見てくれの悪い男がいる。地方の進学校から東京の大学へと進み、社会人となった。彼の中には怒りと攻撃性と惨めさと自己肯定がミックスされている。断面をきると、いくつもの層に分かれている。頭脳明晰だった小中学生。見た目不細工な高校、大学生。異性と関係が築けない社会人。どうやら頭脳明晰が彼から社交性を奪い同時に異性も奪ったのだ。 続きを読む 怒りと攻撃性と惨めさと自己肯定のミックスジュース状態|何を拠り所に生きるか

逆転の発想でピンチをチャンスに転換しストレス軽減|テレワークで外出なしって最高

“ピンチをチャンスに変える“って言うけど、与えられた状況からメリットを引き出すって事となんです。今の環境からテレワークとか休校によるオンライン授業の試みが始まった。これらの可能性を追求するには絶好のチャンス。虐め対策や引きこもり対策にも使える。車の無人運転が実現すれば、流通革命にもなる。いいとこ取りで生き抜こうよ。 続きを読む 逆転の発想でピンチをチャンスに転換しストレス軽減|テレワークで外出なしって最高