いざ勝負となったら自然にスイッチが入る|リラックスしたいとき緩和モードをこうしてオンする

勝負の瞬間に自分でも気付かなかった力が湧き上がって、疲労を忘れて戦えるのがアドレナリンの力。昔からの故事成語にある火事場のバカ力とも言います。これとは反対にリラックスしたいときに緩和モードにはいるのが難しい。悲しいドラマで涙を流したり、アニマルセラピーで動物と戯れる方法もある。副交感神経を刺激する腹式呼吸も有効。でも速攻性があるのは甘いあんドーナツと女性の後ろ姿の写真を見てイマジネーションを膨らますという手があるんだ。

続きを読む いざ勝負となったら自然にスイッチが入る|リラックスしたいとき緩和モードをこうしてオンする

幸せになる為に食べる、観る、聴く|コツをつかむと毎日ハッピー

幸せになる為に手近にある食べ物、スポーツ、音楽に触れあうことをおススメします。旬の野菜や魚を勉強して一番美味しいタイミングの味と香りを覚えるの。スポーツはルールを学び、お気に入りの選手と決めて、試合を粘り強く見続ける。音楽は輪唱がおススメ。仲間内で輪唱を練習してから音楽を聴くと楽器の一つ一つの音色が際立って聞こえる。 続きを読む 幸せになる為に食べる、観る、聴く|コツをつかむと毎日ハッピー

前向きに生きたいけど気持ちがすぐに落ちんでしまう|問題と直面したら引き出しに入れて料理に

誰でも前向きに生きていきたいと思っています。でも、悩みや不安がじゃまをするの。だから考えて結論を出したら、一度紙に書くの。頭で考えるだけだと、堂々巡りが始まるけど、文字にするとガチっと心にハマるんですよ。それでも時々、不安の種が揺さぶりをかけてくるでしょ。そういうときには、気持ちを紛らわせる方法として料理をするの。 続きを読む 前向きに生きたいけど気持ちがすぐに落ちんでしまう|問題と直面したら引き出しに入れて料理に

考え方を間違えると自己嫌悪に陥ってしまうよ|忙しすぎる毎日に嫌気がさしたら会社さぼっちゃえ

毎日が忙しすぎると嫌気がさしてきますね。それでも頑張り続けると体調を崩す。それなら会社、さぼっちゃえばいいじゃない?えっ嫌悪感?そんなのを心配してたらダメ。働き方改革の今、残業を美徳とする人はいない。システム化で人手を省けない、仕事をさぼっている奴を見つけられないは上司の責任。貧乏暇なしなんて許されないんです。 続きを読む 考え方を間違えると自己嫌悪に陥ってしまうよ|忙しすぎる毎日に嫌気がさしたら会社さぼっちゃえ

空気を読む|重苦しい雰囲気にウンザリするのも、視線が痛いと感じるのもバランス感覚の才能なんんだ

重苦しい空気に押されて閉塞的な気分に陥る。場の空気が読めるがゆえの弊害だ。だが雰囲気からどういう言動にでるべきかを考えるのは大人だけじゃない。小学校2,3年になれば、この能力が現れてくるものだ。だが、大人になっても一向に空気が読めない人がいる。言われるがままにしか考えられない。情熱的だが直線的で丸味がまるでない。 続きを読む 空気を読む|重苦しい雰囲気にウンザリするのも、視線が痛いと感じるのもバランス感覚の才能なんんだ