野田虐待死・父親の弁解失敗で懲役16年|人格障害を暴けない裁判のピントズレ

野田虐待死で被告は懲役16年を言い渡された。栗原勇一郎は最後まで躾のつもりだったと虐待を認めなかった。減刑の作戦だったのだから懲役年数は良しとしても、境界性人格障害という奴の性格が動機に繋がっているのを炙り出せなかった裁判所の力不足が再発防止をまた先延ばしにした。妻へのDVと我が子への虐待から犯人の人格障害など想像できる。 続きを読む 野田虐待死・父親の弁解失敗で懲役16年|人格障害を暴けない裁判のピントズレ

腰部脊柱狭窄症で坐骨神経痛|鎮痛剤、電気、引っ張りますかの医者だと治らないかも

腰部脊柱管狭窄症で坐骨神経通に苦しむ人が大勢いる。オレもその一人で、腰に負担がかかると,脚に激痛が走る。立てない、歩けない、寝返りうてない状況が2、3日続く。が、整形外科もピンキリ。レントゲンをとって骨の歪みを指摘して痛み止めを出すだけのところから、MRIでしっかり原因を突き止め、治療の選択肢を提示する医者までいる。 続きを読む 腰部脊柱狭窄症で坐骨神経痛|鎮痛剤、電気、引っ張りますかの医者だと治らないかも

嫌な事を忘れて没頭できる事|料理には脳機能をMAXに働かせてもリラックス効果がある

嫌な事は時と場所を選ぶことなく心を苦しめる。いっときでも忘れられたら疲弊したメンタルを立て直して再び戦いを挑むのに。好きな音楽や映画で気晴らししても、まるで幻聴のように襲ってくる。集中力を注ぎ込んで、邪念を振り払うためにはスポーツと料理が最適。料理は意外かもしれないが、脳機能的にはかなり高度な状態を保つ必要がある。 続きを読む 嫌な事を忘れて没頭できる事|料理には脳機能をMAXに働かせてもリラックス効果がある

忘れたいから没頭する|逃げる為の固執、執着から自由になるためには

固執や執着にはわけがある。嫌だと言われてもつきまとうストーカーはBP障害だし、命を懸けて意地を通す自己愛障害、手を洗い続けずる強迫神経症も生まれもった性格からではない。専門家に相談して心にのしかかった重石をとりはらって自由になろう。人に相談することで、真正面から問題と対峙できる。下手なものに執着して本心から逃げるんじゃない。 続きを読む 忘れたいから没頭する|逃げる為の固執、執着から自由になるためには

男のための恋愛論|女性との会話を盛り上げるにはどんな話をすればいいのか

女性と交際したいなら会話を盛り上げるのが大切。「今まで男性からもらったプレゼントで一番うれしかった物って何?」という質問は女心をくすぐります。女性は思春期の甘酸っぱい思い出が胸に広がる。女性の悩みに耳を傾けるのも大切で、男性脳と女性脳の違いを理解していないとダメ。それに加えて新しい情報で肩凝りや頭痛を軽減できれば文句なし。 続きを読む 男のための恋愛論|女性との会話を盛り上げるにはどんな話をすればいいのか