人生の分岐点をとらえて幸せになるには|5年がんばったのが勝負の分かれ目だったりする

Pocket

後になって振り返ってみると、“ああ、あの時が人生の分岐点だったなあ”って昔が甦ったりするんです。

人生の成功者の言葉です。

で、その人の話をよくよく聞いてみると、人生の分岐点と言いながら点じゃないの。一瞬の出来事じゃないのがほとんどなんです。

 

ある人との出会いがきっかけだったとしても、ある出来事がきっかけだったとしても、その後に本人がどう動いたかが勝負の分かれ目なんです。

 

ここでは、これから成功者になろうとする方々に向けて、人生の分岐点と言われるタイミングにつて解説させて頂きます。

マイク・タイソンとカス・ダマト、阿部寛とつかこうへい

 

マイク・タイソンは元ボクシング世界ヘビー級チャンピオン(WBA, WBC, IBF統一)で、彼の人生の分岐点は少年院の更生プログラムでのボクシングとの出会いです。

めきめき頭角を現して、その噂がボクシングトレーナーのカス・ダマト氏の耳に入った。

 

ほんの数行の経歴だけ読むと分岐点に思えなくもない。

でも、タイソンが初めてボクシング(アマチュア)の試合をしたのが13歳、18歳でプロデビュー、20歳と5ケ月で世界チャンピオンになったわけだから、7年かかっているんです。

その間にオリンピック出場選考に漏れるなどの挫折も味わっているの。

あの本物の天才ですら、7年かかっているんですよ。

全然、点じゃないでしょ。

 

 

俳優の阿部寛さんはもともと雑誌『メンズノンノ』の創刊から3年以上も表紙に採用され続けた2枚目モデルだったんですよ。

その後、役者に転向し映画に出演するも、大根役者だった。

長身&甘いマスクで俳優としては最高の武器をそなえつつも、演技は全然。

で、演出家のつかこうへい氏の作品への出演で、鍛えられたんです。

 

阿部寛さんの演技、凄いでしょ。

テレビドラマでも、映画でも、抜群の演技力。

彼の人生の分岐点は、つかこうへい氏との出会いであり、そこで何か月もボコられた演技指導だったの。

 

一瞬じゃないから、時間の無駄のリスクを伴う

 

 

人生の成功を勝ち取るための分岐点は決してラッキーなんていう極甘の幸運じゃないんです。

時間もエネルギーも充分に注ぎ込んで初めて開花するかどうかなの。

 

だからみんな悩むんです。このチャンスにかけるべきか、と。

5年間頑張ったけど芽がでない。ここで諦めるべきか、あと一年頑張るべきか。

 

一旗揚げようと田舎から東京にでてきて頑張る人は珍しくはないですね。何に頑張るかは人それぞれで、最愛の人と出会って結婚するなんていう勝利も有りです。

30歳になってもその兆しすらないから、田舎に戻って親の勧める見合いでもするか、というのも珍しくない。

そのまま東京に居座って婚期を逃すのは最悪の選択と考えるからですね。

 

田舎に帰って、見合いをした相手と最高にハッピーな結婚をしたら、田舎に帰ると決めたのが正解だったわけです。

 

潜在意識に成功しているイメージを日頃から刷り込んで置く

 

人生には膨大な数の分岐点が待ち受けています。でも、どうしょうもなく悩む岐路はそんなに多くないはず。

たいていは瞬時に判断しているでしょ。

その瞬間的な決断がどこからきているかが問題なんです。

 

日頃から目的意識を持って、成功した自分の姿を潜在意識にインプットしておく。そうすれば、多少どっちの道に進むべきかなやんだとしても、結果はついてくる。選んだ先での苦労や奮闘は絶対にある。ぬるま湯につかったまま成功者になどなれませんからね。

 

でもしっかりと潜在意識が成功像をとらえていてくれれば、そこに向けて導いてくれるんです。今ここでは何を頑張るべきか、に導いてくれる。そこで踏ん張れるかどうかは本人次第。

 

何の保証もなく3年も5年も頑張れるものなのか

 

多分1年、2年と努力を積み重ねるにつれ、不安がよぎるんです。それは誰も同じなの。

このまま努力を積み重ねていていいのだろうか、と自分の選択を疑うわけです。

 

でも、成功の分岐点って長いんです(前述の通り)。3年くらいで諦めてたら絶対に成功などしない。

自分の努力を信じられなくなりそうな人は短気の成功像も一緒に描いて、それを潜在意識に送り込むんです。

つまり、成功までの道のりを丸ごと潜在意識に任せられないなら、自分で道のりを描いてそれを送り込む。半年後にはどうなっているか、1年後にはどうなっているか、、、。

 

それで自分が納得して安心できれば、それも作戦の一つですからね。

 

 

潜在意識へのインプット

 

前にも書いたけど、簡単におさらいします。

潜在意識にインプットするためには副交感神経を優位にしないとダメ。緊張してたり、イライラしてたり、不安があったりすると絶対ムリ!

だからリラッウスでいる環境を作る。

 

座り心地のいいソファーにどっしりと座ってリラックスモードに入る。眠っちゃうと、居プットできないですから、そこ注意ね。

で、幸せになっている自分の姿、成功している自分の姿を画像として具体的にイメージする。

“成功したい”と願うんじゃなくて、既に成功者となっている自分をイメージする。

一度じゃなく、毎日毎日ソファーに座るたびに成功者となった自分の姿をイメージして刷りこんでください。

【広告】

関連記事

【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*