自分を乗せてしまえば勝ち|占い、運命、宇宙の流れ、みんな金儲けの手段だけどね

Pocket

太古の時代から積み重ねられた統計に基づく占いとか、宇宙の流れに逆らわない生き方とか、神々を司る霊の導きとか、人間は心細くなると手練手管で心の迷いを払拭しようと考える。

でも、不安を感じるのも、こういう人知を超えた何かを考えだすのも人間なんです。

誰もこの先全てお見通しなんていうパワーをもってなどいないの。

何をネタにしようが、言論の自由は保障されているから合法の範囲内ではある。

気分を乗せて前に進ませようという狙いだから悪いことはないけど、金銭が絡んでくるとちょっと厄介ですよね。

さて、ここではそこそこの金銭を支払って能書きを聞くよりも、自分を乗せる方法があるのを、その具体例とともにご説明しよう考える次第です。

気分を乗せる占い師のベタは大器晩成

 

占い師のもとを訪ねる人の心理をちょっと覗いてみる。

 

  • 今まで良い事がなかった
  • 今は好調だけど、それが逆に怖い
  • 何をやって普通泊まりでパッとしない、人生に輝きがない
  • 人に騙されて、何を信じていいのかわからない

 こういう人たちが占いにすがろうとするんですね。この4つの事例の人達の心に響く言葉って何でしょうか。

 

あなたは典型的な大器晩成型です。

凄く安心するでしょ。

大器晩成という言葉には、この先良いことが待っていますよ、という意味が宿っているじゃないですか。だから占い師にとっては使いやすい言葉なんです。

どんなふうに晩成なのか、それはいったいいつ来るのか、占ってもらう側は聞きたい衝動に駆られるわけですから。

それと同時に気持ちが緩む。

「この占いの先生、本物かも!」なんて急に大フアンになったりするわけです。

 

大器晩成が心に響いたのは実は良い事なんですよ。

なんとなく体の内側から自信がひしひしと感じられたりもするでしょ。この先、成功を納める大器晩成がここにいるんだと。

すると、信じた事は潜在意識に刷り込まれますから、行動そのものが自信欠如の今までとは変わってくるのです。

これが、本当の占いの効果なんです。

自分への刷り込みの方法は最後に解説させて頂きます。

 

宇宙の流れに乗るという開運の方法

  

宇宙の流れに乗る方法を解説するスピリチュアル系の人もいますね。

宇宙には流れがあって、それに逆らわずに行動することで全てがうまくいくと解説するハズです。

で、問題はどうやって宇宙の流れに乗るかなんです。それを知るには金がかかります。

 

地球上の事象(上記した宇宙の流れじゃないですよ)には目に見えない流れがあって、そこに人間の意思が働いているの。

たとえば、新しい土地に新幹線が開通するとしたら、その流れにのって近隣の土地の値段が高騰するし、、企業誘致にも貢献するするでしょ。

これって目には見えないけれど、すごい流れです。

だから、そこに便乗して商売をする人がどんどん出てくる。土地の売買や、商業施設なんかを作る計画が持ち上がる。

 

新幹線の開通だけじゃなくて、もっと大きなスケールでいうと、中東の国々が原油の採掘量を減らすとか、増やすとかも経済的な流れを生むでしょ。

 先進国が共同で人口知能(AI)の開発機関を立ち上げる、と発表したら、それだけで大きな流れが生まれますよね。

 ここまでは紛れもない事実。

で、これに便乗するように宇宙の説明をしだすんです。

このように物事には流れがあって、宇宙全体にも目に見えないながれがある、って言い出す。

でも宇宙の流れって何なの、って思うでしょ。

ビッグバンで宇宙ができて、年々宇宙が膨張しているという外に向かう流れがあるのはわかる。ブラックホール近くでは、そこに向かって急激にすべてが流れ込む動きがあるのもわかる。

でも、人の運不運を左右するような流れなんてないでしょ。そこにスピリチュアルな流れなんて絶対ない。

 

見えないものを、あたかも見えるように演出して、金をとるようなインチキは、新興宗教と何ら変わりないんです。

でも、「こうすれば流れにのれるんですよ」、とお金をとって指導すると、そこには強い意志が生まれちゃうの。

お金を払って宇宙の流れに乗った気になると、体の内側から勇気がわいてくるんです。

  

万物の霊を司る神が定めて運命

 

異なる宗派どうしのいざこざや、キリスト教vs仏教みたいな大きな戦いを避けたのが幸福の科学。

すべての宗教には神が存在していて、その神々を統括する霊が自分に宿っているって言っちゃったのが大川隆法です。

どこまで図々しいのか、って世界の宗教家は思っているかも。

でも、こういう宗教でも、占いや宇宙の流れと同じように、身銭を切ると信じるようになるんです。

 

日本人がお正月に初詣に行って、お賽銭を10円とか100円とか賽銭箱に投げるじゃない。

その程度の額だと人間真剣にならないでしょ。正月だから100円でも、500円でも千円でもいいと思う。一年健康に暮らすための勢い付けみたいなもんですよ。

 

これが100万円の壺とか、500万円する教祖の直筆の色紙とかになると、神経のバランスを崩すくらいの力がある。

みずから、洗脳にジャンプインみたいな雰囲気になってくるの。それだけのお金を払っちゃうと、信じなけりぁやってられないって自分の人生を預けようとするんです。

 

でも、新興宗教が占いや、宇宙の流れと違う点は、当初の目的を曲げちゃうんです。

自分に自信が持てないとか、何をやってもパッとしないという悩みから相談者の気持ちを切り話して、教祖へ忠誠にもっていかれちゃう。前述の占いによる大器晩成や、宇宙の流れとは性質が異なっていて人生そのものを棒に振ることになっちゃう。

 だから絶対に新興宗教はダメなの。

手段はどうあれ自分を乗せたら動き出す

 

その気にさせてしまえばこっちのもの、みたいな雰囲気が占いやスピリチュアルの世界には付きまと付与しているんです。

その、なんとも言えないうさん臭さが、精神バランスが危うい人の目に入らないの。

それでも、まんざら役に立っていないわけじゃないんですよ。

 

身銭を切った占いを信じ、真剣に組んだ結果、潜在意識にバトンを渡すことだってあり得る。大器晩成という占い師の言葉を信じて、頑張り続けて吉とでることだって大いにあるわけです。

宇宙の流れに乗ったのだからもう安心だと太鼓判を押されて、がぜん自信をつけて胸を張っ堂々と渡り合ったおかげで、チャンスをものにする。

 

たとえインチキな金儲けの手段であったとしても、身銭を切ったおかげで、自分を乗せてくれた占いや宇宙の流れには感謝しなければならないかもしれないですね。

ただ、自分自身で潜在意識に問いかける方法として自己催眠があります。

  

まとめ

 

 物事が首尾よく進まないと悩む人や、上手く進んでいるけどこのままでいいのかと、ふっと不安に感じたとき人間は人知を超えたものに答えを求めようとする。

占いや、万物の神、宇宙の流れ等々です。

そこで出てくるのが人間心理を逆手に取った商売。

占いにしても、宇宙の流れに乗る方法でも、身銭を切れば切るほど人はそこにのめり込む。これだけつぎ込んだのだから信じないわけにはいかないと自分を追い立てる。

これが効を奏して、弱気な性格から脱せられたり、自分に自信がもてたりすることがる。そんな方法で勝ちをつかむのも悪くはないのだ。

一つだけ注意しなければならないのが宗教がらみ。身銭どころか、全ての財産まで持っていかれ、そのうえ元々とは違い人生目標を刷り込まれてしまうこともあるのだから。

          【広告】

 関連記事

 

 

 

          【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*