損な性格だと思ったら、こんなふうに気持ちの整理をしてみるといいよ

Pocket

自分が損な性格だと感じている人がいます。

微妙な違いですが、自分が嫌いというわけではないんですよ。

世渡り上手な人を傍目に見ながら、口下手でお世辞が言えない真面目過ぎる自分の損な部分を噛みしめるわけです。

嘘がつけない、つくと顔が歪んですぐに見抜かれてしまう。こんな人も損だなあ、と感じているでしょう。

ここでは、自分が損な性格だと思っている人の気持ちの整理について解説してみたいと思います。

損な性格って具体的にどんなもの

 

冒頭に書いた“世渡りが下手”や”嘘がつけない“とは別に、下記を損な性格だと考えているようです。

 

  • すぐに騙される
  • 人に利用される
  • 勝負に弱い
  • マインドコントロールされる

 

これらは言動にスキがあるところから生まれる弱さですね。

反対に、

  • 性格がキツイ
  • 厳しい
  • ストイック過ぎる
  • コンパでの盛り上げ役
  • 責任感が強いアネゴ肌

これらはスキが無さすぎて、人が寄ってこないと言うデメリットがある。女性だったら、男性は敬遠してしまうかもしれませんね。

 

損していると思いながらも、嫌いじゃないんだ

 

自分勝手、頑固、我先に、意地悪、ヒガミっぽい、これらの性格って自分が抱く損な性格にはあまり入ってこないんです。

実際、こんな性格だったら誰からも相手にされないし、仲良くしてもらえないから損な性格に違いはないんです。損と言うよりむしろ嫌な性格です

だから、自分の中にこんなのがあると知れば、自己嫌悪に陥りますね。

 

“損な性格”と”嫌な性格“は明らかに違っていんです。

さらに意外にも、損な性格だと思いながらも自分では案外気に入っているってことが多いんです。

だから、直さないし、直せないの。

 

おっちょこちょいなアタシって可愛い

 

損な性格の一つの例として“人に利用される“というものがあります。これって勝負の世界だったら致命的でしょ。

勝負師って人を出し抜いてでも勝たなきゃいけない。騙されたり、利用されたりしていたら勝てる勝負も勝てない。

 

でも、「騙すより、騙された方がいい」と考える人もたくさんいるじゃないですか。人を出し抜いてまで上に行きたいとは思わないと。

 

これって綺麗ごとじゃなくて本音だと思うの。

もっとゆったりと生きていきたいという豊かな心で人生を満喫するみたいな雰囲気です。

 

だから、騙されたり、利用されるような、ちょっとおっちょこちょいなアタシって可愛いと思っているんです。

 

性格って他人に認められる一つの要素でもある

 

サラリーマンをやっているとね、この性格直さないと上には行けないな、なんて考える事ってあるんです。

さっさと自分のミスを認めて長いものに巻かれて、深々と反省するふりをする方が結果的には得策だなあ、なんて。

 

で、それが出来ないのが損な性格なんです。

深々と反省するふりをする得な性格で、自己嫌悪を感じる人もいる。自分を嫌いになる人もいるの。

世渡りなんか全然下手で、人に騙されたり利用されたりで損をしているけど、そんな自分が嫌いじゃないんです。

 

今は仕事だから、ビジネスライクに本心と違う自分を演じたっていい、と割り切れればそれもありです。組織で認められるためには自分に嘘をついているのを承知で、良い具合に周りに合せるのも必要なの。

 

何が正解なのか

 

それならどんな性格で生きていけばいいのか、って事になる。

人それぞれですね(かなり無責任??)。

 

損な性格を気に入って生きていく人もいる。

世渡り上手な自分を切れ者と思っている人もいる。

 

“そんなあまっちょろい性格じゃあ出世できないや”と思ったら仕事とプライベートをしっかりと区分けすればいいんです。

ボクシングと同じです。殴り合うのは相手が憎いからじゃないでしょ。殴るのが仕事だからやり合う。

でも試合が終われば、抱き合って互いを讃えるでしょ。

だから仕事で相手を出し抜くのはプロの世界だからいいんです。仕事だから、と自分で納得できていればいい。

納得できないのに、人を出し抜くのが自分の生きる道と自己マインドコントロールすると病気になってしまうんですよ。

 

以前、『心に蓋をすると、どうなるか?』という記事を書かせていただきました。そこでは自分の気持ちを騙してまで、自分を手なづけようとすると、だんだんと本当の気持ちが分からなくなっていく、とうい内容です。

それって凄く大事なんです。

損な性格と思いながら、じつは、そこが自分の良い所と思っているのに気づいてください。

嫌な性格と思いながらも、勝負に出なければならないときは、ビジネスライクに割り切ってください。

そこが大事なんです。

        【広告】

関連記事

心に蓋をすると、脳はいったいどんな状態になる?

心に蓋をするとは自分にウソをつくこと。そして自分がわからなくなる。

不安障害ともの悲しさの境界・プチうつ:脳がすすり泣くのが聞こえる

趣味が人間観察は気持ち悪い|上から目線の鋭いモニタリングがきもい

無能という劣等感を抱く自己肯定力の低い人が自信を持つためにすべき事

          【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*