4人を叩き殺した石がメルカリに出品|殺人凶器って高値を呼び込めるか

Pocket

一家4人を叩き殺した凶器の石がメルカリに出品されたら、その希少さゆえに高値がつくかもしれないし、一部のマニアの想像力を掻き立てウン十万円もの値がつくかもしれない。

 

凶器となった石は殺人の証拠として警察に取り押さえられちゃうから、一般市民が関われる中古市場には出回らない。でも、最近、警官の中には規律を守らないのもいるでしょ。

案外、小遣い稼ぎに有名な事件に関わった登山ナイフ、花瓶、電気コードあたりをくすねてメルカリに、なんてのもいるのです。

 

さてここでは、人が「高値をはたいてまで手に入れたいと考える心情」と「命を掛けてでも積み重ねずにはいられない」心根について解説こ試みたいと思います。

殺人凶器が高値を呼び込むわけとは

 

殺人事件の凶器となると世界に一つという希少価値がありますね。これが世間を騒がせた世田谷一家殺害事件の凶器となった包丁です、と目の前にさらされたら鳥肌たつでしょ。

犯罪マニアにとっては絶対に手に入れたい一品になる。

 

オンリーワンがもつ希少価値と想像力を掻き立てるパワーを秘めているんです。

犯罪マニアは、世田谷一家殺害事件の凶器の包丁を夜な夜なダイニングテーブルの上に寝かせて、ブランデーを片手に眺めて想像を掻き立てるの。

これで旦那さんの顔面をえぐったとか、腹部の10刺ししたとか。奥さんの首に突き立てた瞬間に放水するように血しぶきが空に待ったとか。

 

この想像力って織田信長が合戦の時に着用していた兜や甲冑を数千万円で買い取って、暇あるごとに眺めては戦国時代をイメージするマニアと同じようなもの。

やっぱり、人は刺激のために金を払うんですね。

有名芸能人が使っていたのと同じもの

 

安室奈美恵と同じファッションのアムラーって気持ちはよくわかる。あそこまでガチガチに同化しなくても、ロックを志す若者が長髪にして、煙草の煙臭い淀んだ雰囲気に傾倒していくことが名曲が産む前提条件のように思えるのにもうなずけるのです。

これって人間の趣味、嗜好としては健全な方なの。

心身的に悪くないでしょ(煙草の煙は癌につながるけど、まあリスク的には大したことはない)。

 

ヤバイのは有名人が死んだ原因とされる睡眠薬を少しだけ飲んでみたいとかさ、事件を起こす原因となったドラッグをチョコットだけ吸わしてほしいとかいう人達。

こういう人達って結構いるんですよ。

マイケルジャクソンが死亡する原因となった強力な麻酔薬“プロポフォール”を試してみたいとか、芥川龍之介とマリリンモンローが自殺に使った“バルビタール”を少量だけみたいな人。

有名人に自分を投影するのに一役なっているじゃない。あのマイケルジャクソンが持っていたのと同じ薬を持っている、とうい優越感みたいなものね。

日本だと医者の処方箋がないと薬局行っても売ってくれないじゃない。でも裏ルートとかで手に入れちゃう人いるんです。

今すぐ使わないとしても、いつか死にたくなった時にあの有名人と同じ薬で命を絶とうと考えている人。

 

これもわからなくもないけど、“死のうと思ったら”の準備をしておこうと考えるあたりに闇が潜んでいる。

 

もう死んでしまいたいか、仕返しに殺しに行くかの違い

 

学校のいじめが子供特有の世界で発生するものと思っていたの。つまり、いじめる側の子供が劣悪な環境で育ち、その憂さを晴らすために自分よりも惨めな存在を作り上げるのがいじめの発端だと。

子供の場合は、そもそもいじめる子供の側に心の闇がある。

 

でもこの前、三人の教師が激からカレーを一人の若い教師に食わせる事件があったでしょ。

あれをTVのニュースで見てて思ったのが、“相手はヤクザじゃねーんだから、戦えよ!”って。

さすがにTVニュースのコメントとしては絶対言えないでしょ。“大の大人がメソメソしちゃつてさ、なんなんだよオマエ、戦えばいいじゃない”とは。でも何人かは絶対思っていたハズ。

 

前述の、“有名人が自殺したのと同じ睡眠薬を持っていたい”って考えるタイプだなあって思ったわけです。

で、三人一度に来られて抵抗できずにいじめられたから、明日は一人ずつ呼び出して仕返ししてやろうと考える奴は、世田谷一家殺人事件の凶器となった包丁を手に入れるタイプなんだろうなあ。

 

殺人凶器も睡眠薬もコレクターの心情とはモチベーションアップ

 

殺人凶器を買い集める人がいたとしたら、確かにキモい精神構造と言われても仕方ない。有名人と同じ睡眠薬だとしたら、心の闇とカテゴライズされる。でもね、“キモい精神構造“や”心の闇“って最終的な原因じゃないんです。

 

手に入れたときに脳の中で幸福ホルモンが分泌されるのが本当の原因なんですよ。

何をした時に脳内で幸福ホルモンが分泌されるかが因果関係で、なぜ殺人凶器を入手したときに幸福感がえられるのかの答えは、内因性の遺伝だったり、生育の過程で遭遇した事件だっるするんです。

でも、原因って本当にちょっとしたことで見極めずらい。

睡眠薬も同じで、なぜ有名人に自己投影したいのかが原因。

 

連続殺人事件の犯人は人生をかけて殺人を繰り返す。さて、その犯罪動機は、ってことになる。

自殺願望をもつ若い女性への恨みとか、知的障害者なんてこの世に不要だという偏見だったりするでしょ。でも、もう少しだけ深堀すると、その犯罪行為によって犯人の脳内では幸福ホルモンが分泌されているんです。

だって嫌ならやらないもの。

なんで、自分の命をかけてまでも人殺しをするの、って問われれば脳内で幸福ホルモンが分泌されるからなんですよ。

因果関係の頭とお尻はシンプルなの。

                                【広告】

        【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*