心と脳の両方を健全に|世界一幸せな国にするためには、経済立国やめるしかないだろうな

Pocket

脳を健全にする魚の目玉の裏のズルズル

 

みんな知ってると思うけど、魚の目玉の裏側にへばりついてるDHAやEPAには記憶力や学習能力をアップする働きがあるんです。

ビタミンB1もたっぷりらしい。脳を健全にするんです。

でも気持ち悪いでしょ。

小さい頃から、親が箸で目玉つまんで口に放り込み、よくズルズルをなめたらオメメは吐き出すだよ、と教え込まれていれば抵抗なく食えけど。

 

「魚の目玉はアメ玉のように食うんだよ」と幼少期から洗脳されて人は食えるね。美味いとか、ズルズルがキモいとか浅い感情なんて抱かないですからね。

 

でも大人になってから「魚の目玉の裏側のズルズルには頭を良くする栄養がたっぷり含まれているんだってさ」なんて聞かされたって、食えないよね。

いまさら食えないよ。

 

食うのは受験生くらいなもんでしょうね。ましてやDHAやEPAなんてサプリメントでいくらでも売ってるしね。本当に頭が良くなるかどうかは別にして、オレならサプリを間違いなく選ぶな。

 

この前テレビ観てて驚いたのが、オルニチンの含有量なんです。オルニチンといえはシジミと思いきや、キノコ類の方がいっぱい含まれてるの。他の栄養素との組み合わせが大事とも言われているから、要Webチェックなんですが。

 

心を健全にする

 

頭って脳のことじゃないですか。今、頭に良いDHAやEPAの話を書かせていただきましたけど、心と脳って実際には一緒ですよね。

心の風邪と言われるうつ病ですけど、この治療は脳内の不全を治すことがメインですから。

 

気持ちを穏やかにして、すぐにカチンとこない

 

オレが思うに、心を豊かにするというのは気性の粗さと関係していて、すぐにキレないとかカチンとこないとか情緒的な側面だと思うんです。

 

  • 人に親切にする
  • 弱い者いじめをしない
  • 理屈や正論だけで物事を判断しない

 

脳にうつ病とか双極性うつ病みないた不具合があったとしても、人格の部分で他者を大切にするという下地があればいいと思うの。

脳の不具合と、人格としての優しさのどちらが大切か言われると明確な回答は難しいですね。正直言って、脳の不全を患っていないオレがうつ病とセットで他人に優しい人格を与えてあげると神様がいってきたら、それは困ると答えるでしょうね。

 

あくまでも自分の脳の健全さだけは確保しておきたいと思っちゃうわけです(器の小さい人間ですね)。

でも、こんな器、つまり、他者よりもまずは自分の身の安全第一だからうつ病にならないでいられるのかもしれないんです。

人の為、世界のため、自分の勤めている会社の為、を突きすすめすぎると脳は病気になる。

 

「頼まれるとNOと言えない」がそもそもうつ病のベースの精神構造です。世のため、人の為が、結局自分を苦しめる結果になる。

そう考えると、健全さを保っている人間としては辛いところですね。

 

これが「いい人を止めると生きるのが楽になる」の思想に繋がっているんです。そんな書籍もバカ売れしたでしょ。これ、当たっているんですよね。

自分の身は自分で守る。「人の為に」は悪くはないけど、ほどほどにしておかないと病気になるよ、つて言ってるの。

昭和の雰囲気がどんどん遠のいていって、味気なさと寂しさがいりまじりますね。

 

幸福の国ブータンとはいうけれど経済立国じゃないよね

 

幸福の国、ブータンにはうつ病患者なんてほとんどいないと思うんです。でも幸せの国だから、「自分より他人の為」という思想が根付いていて、自分の事は二の次、三の次が国民の8割くらいをしめてる。

こうなったら、世界一幸福の国になる。

でも、国の経済レベル(国民がどんな仕事をして生活しているか)で全然ちがうじゃない。別にブータンを悪く言うつもりはないけど、自国の生活で満足している日本がブータンに移住しても楽しくないでしょ。

刺激度がまるっきり違う。メンタルを病んだ人とかだと、合うかもしれない。

 

人を救う体制の目の粗さに対策たてないと

 

日本の場合、困ったときに相談できる窓口がたくさん整備されているんです。

それも無償で相談できる窓口。

困っている人を国として救いの手を伸ばす体制が温かいですね。

子供SOSとか、消費者相談センターとか、ハローワーク。

児童相談所もその一種だし、介護関連でも具合の悪さを段階評価するところから相談にのってくれるの。

でも、これらの福祉的な組織って、どこまでも相談者に寄り添うわけにはいかない。

組織の人数とか年間予算にも限りがあるから、「お手伝いできるのはここまでです」という限界がある。問題が完全解決するまで付き合うわけにはいかないんです。

 

「なんだ、結局、助けてくれないんじゃん」みたいに評価されちゃう。

 

誰が考えたって公共の組織なんだから、至れり尽くせりなんてないわけよ。

問題解決の突破口を見つけて、その先はアドバイス程度で、解決できるかどうかは本人次第なわけです。だから行動力のない人にとって、何もしてもらっていないのと同じなんです。

 

お金を出せて民間企業は幾らでも面倒を見てくれます。でも、相談する側にも経済的な限度があるでしょ。

 

だから他人事なのに熱心になり過ぎる人っていうのは本当にありがたいんです。経済立国であり続ける以上、心と脳の両方が豊な人なんて、そうそうでてくるもんじゃないんだ。

       【広告】

       【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*