妻が発する家庭内空気と亭主が女房を恐れる理由が判明|遺伝80%、環境20%から推測してみた

Pocket

たいていの家庭は亭主よりも奥さんが強いものです。好きで結婚したはずなのに、いつの間にか自分の女房を恐れるようになる。

気がつくと顔色をうかがっているの。

そこには遺伝80%、環境20%の双極性うつ病Ⅱ型(新型うつ病)がもたらす空気感が影響していると考えたのです。

ここでは、最近になって激増している双極性うつ病Ⅱ型(新型うつ病)がもたらす家庭内の空気について解説しています。

 

うつ病の発症原因は環境で、新型うつ病(双極性うつ病)の発症原因は遺伝

 

うつ病が過労とか職場の環境で発症するのに対して、新型うつ病(双極性うつ病)は遺伝が主なんです。(遺伝80%、環境20%)

で、これにはいまだ特効薬がなくて、過眠を過食が、うつ病と真逆な症状そして現れるんです。

 

本人(患者さん)にとって楽しい事があると、途端に元気になるのも、うつ病との違いですね(うつ病は、楽しいと感じることすらないですから)。

 

 

無理矢理でもいいからエンジンをかけると動き出す

 

双極性うつ病って、気分が明るい時と暗い時の波が交互にくるじゃないですか。明るい気分が強烈に突き抜けているのがⅠ型の方で、これが相当ヤバイんですよ。

本人はスーパーマン気分ですからね。何でもできるという脳の状態になっちゃぅている。Ⅱ型は明るい時でも普通の人とそんなに変わらないの。今日は調子良さそうだね、とか、何かいことあった、くらいです。

Ⅰ型とⅡ型でどっちがリスキーかというと、圧倒的にⅠなんです。躁に転じたといの爆発力がハンパないから奇人ですよね。何をやらかすかわからない。周りの人はみんな距離を取る。「一緒にされたらかなわない」と離れていきます。

休憩・睡眠なしでも身体の内側からエネルギーが湧き出てくるの(脳が身体疲労を検知しない)。徹夜明けで、フルマラソンとか参加しちゃう。

派手ば思い付きとかもバンバンだす。ろくでもないアイディアばっかりだけど本人は本気だから金とかも注ぎ込んじゃう。

それに比べてⅡ型は、ここまでクレイジーじゃないんです。

 

うつ病とは別物なのに医者すらも間違えちゃう

 

誰でも体調が悪くなって病院に行くでしょ。絶好調だから、先生診て下さ言って言う人はまずいない。

 

双極性うつ病の人だって同じで、うつ状態のときに病院を受診するんです。なんか最近調子悪いなあ、が暫く続いて、いよいよこりゃヤバイかものタイミングで医者に行く。

すると案の定、医者は普通のうつ病と間違えるわけです。だって患者は具合の悪い時の話しかしませからね。気分が落ち込んで、やる気がでなくて、、、、って。

だから、抗うつ剤を処方して様子を見ましょうの、長いトンネルに突入することになるわけ。

見立てが違ってるから治らないわけですよ、

 

じっとしていると益々不調にのめり込む

 

双極性うつ病、すなわち新型うつ病は、まだ詳しい調査が完了していないんです。前述のとおり、発症の8割が遺伝ですから、本気で治そうと思ったらDNAレベルの治療が必要となってくる。

時間がかかるの。長い道のりだとうことがわかってきた。

でも対処療法的には気分の上下の幅を抑える薬と、毎日規則正しい生活なんです。

朝、だるいから昼までベッドから起きられなくて、昼飯を食べて、また夕方まで眠る、みたいな不規則な生活をしていると、いつまでたっても症状は改善しない。

 

で、23時頃になると妙に腹が減ってきて、インスタント焼きそばとか食べちゃう。毎日とは言わないけど、これば定番化しているんです。

 

不規則三昧ができないのがサラリーマン

 

不規則な生活ができないがサラリーマン。

少々だるくても、仕事の気分じゃなくても、とりあえず出勤だけはしないとダメじゃないですか。無理矢理おきて、冴えない顔してでも職場にいくわけですよ。

すると、いつの間にかエンジンがかかってくるんです。身体が動くようになって、思考も働いてくる。取引先と電話で話をすると、だいぶ本調子になりますね。

 

程度にもよるけれど、新型うつ病(双極性うつ病Ⅱ型)は強引にでも、身体を動かしすれば活動できるようになるんです。

 

毎日ほぼ同じ時間に出勤して、仕事して帰宅するサイクルが双極性うつ病Ⅱ型のうつの部分を跳ね返してくれているんです。しんどい部分もありつつ最善の治療を自ら取り入れていることになるわけで

一方で、同じ双極性うつ病Ⅱ型でも専業主婦の奥さんの場合だと自分に対する甘さがでてしまうでしょ。朝辛いんです。身体が重くて起きられない日も出てくる。そういう病気ですからね。

でも、重症化していくリスクが高いの。

楽しいい事がある時ははしゃぐけど、生活のベースはうつ状態となるんです。最悪なのが、「うつ」と「そう」が混ざっとき。気が変になりそうなくらいイライラとか憤慨感を感じると言いますね。

生活が双極性うつ病Ⅱ型に支配されていますから、表情が晴れる日なんてほとんどないです。家庭全体に常時、にらみをきかせているような怖い存在となっていしまっているんです。

        【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*