趣味を持ちたいけどどうしたらいい|興味なくともまずは視野を広げるのだ

Pocket

趣味を持ちたいけど何かいい物ないかなあ、という人には必読ですよ。

多趣味すぎて時間が足りないという人もいるのに、趣味が見つからないと悩む人もいる。人生ってさまざまですね。

趣味が見つからない人にはある傾向があります。一つは他者に気を使い過ぎるタイプ。

スポーツの団体競技だと初心者はチームの足を引っ張る事があります。これ、仕方がないですよね。だって初めてやるのですから、上手なわけがない。

みんなそんなの分かっているの。だから一生懸命やりさえすればいいんです。

 

他にも、いくつかの傾向がありますが、それらは本文の中でご紹介するとします。

ここでは、趣味が持ちたいけれど、どうしたらいいかわからない人へのアドバイスさせて頂いています。

                                   【広告】

なぜ今まで趣味に興味がなかったのか

 

趣味が仕事という仕事人間がいますね。土曜日も日曜日も仕事の事を考えている人達。

家に仕事を持ち帰ったり、休日出勤して仕事をこなしたりしている。

でも最近は『働きかた改革』で、残業時間が厳しく規制されていますし、パソコンを開いただけでシグナルを発信して、会社の人事課が管理するようなスタイルにまで発展しています。

仕事を趣味とする人にとっては、どうにも身動きがとりづらい状況に追い込まれているのです。

 

そんな理由もあって、仕事以外に趣味を見つけたいと考える人も増えているのですね。でも、いままでの仕事中毒傾向が残っていますから、新しい趣味がなかなか見つからないと言うのが実情なのです。

 

仕事が趣味ではないけれど普段の生活でクタクタ

 

仕事が趣味というわけではありませんが、あまりに多忙過ぎて土曜日、日曜日には家でゴロゴロという人もいます。釣りにでかけたり、テニスサークルで汗を流すなんていう気持ちになれない。せいぜい、家で映画を観る程度のエネルギーしか残っていない。

こういう人は無理に体力を使うのは避けた方が無難なんですよ。生活のリズムが崩れて、リフレッシュどころか脳梗塞とか心筋梗塞なんてことにもなりかねませんからね。

でも視野を広げるといろいろ出てきます。

ヨガ、薬膳研究、健康料理なんかがおススメです。

ゆったりした動作のヨガで身体の凝った部分を改善するのは大正解です。心拍数が上がるようなポーズは避けて、身体を柔軟にするような方向で体調を整える。

薬膳を教える通信教育があります。一般の書店でも何冊かは必ず置いてありますから、最初に立ち読みで興味が持てるかどうかを確かめることも可能です。

 

興味やワクワク感が持てない性格ですか?

 

もしかして、普段からあまり新しいものに興味やワクワク感を持てない性格ですか?

例えば、テレビで新作映画のコマーシャルが放送されますね。あれって、映画のかなりいい場面を切り抜いて出してきているんです。だって視聴者の方々に興味を持ってもらい、劇場に足を運んでもらうのが目的ですから。

あれを見て、「あっ面白そう!」と感じるとワクワク感が脳に広がって、いつ観にいこうかと計画を立てる。

 

このワクワク感と見に行く計画を立てる実行力が正確的に欠如していると、趣味を新しく持とうとするのにも障害がでてきます。

 

映画なんて何か月かすればどうせテレビで放送するじゃん。テレビならただで見られるし、、、。というふうに消極的になっていくわけですね。

 

それだけが目的じゃなくて視野を広げれば前後左右に色々面白いことが転がっているのだ

 

映画ひとつとってみても、テレビなら確かに無料ですから経済的な節約にはなります。でもそればっかりじゃつまらないでしょ。そんな実も蓋もないような人生はやめましょうよ。

 

映画を観に劇場に足を運ぶと、まず予告編とうものがあります。これがまた面白いの。「次、絶対これ観たい!」って思うのが出てきますから。何しろデカイ画面で最高の音響で堪能するわけですからテレビとは別物なんです。

 

映画に限らず、新しい事を始めると、そこを起点として前後左右に色々なものが転がっているものです。

年輩の方が卓球のサークルに入るとするじゃないですが、すると卓球雑誌を買いますね。雑誌にはカタログ的なページがあって、ウエア―、シューズ、ラケットに限らず、スタミナ増強の栄養ドリンクとか筋肉をつけるプロテインなども掲載されていてこれが楽しさを倍増してくれる。

さらにさらに、体力アップのためのワンポイントレッスンとか、スマッシュが決まらない人の弱点克服アドバイスとか、興味を引く様々な記事が満載なんです。

卓球を始めただけで全然、生活が変わるんですよ。

 

一人でできるスポーツ系だと

 

時間をフレキシブルに使いたいなら一人で出来るものがおススメですね。ズバリ、マラソンです。

これなら一人で初めてある程度力がついてから愛好会のようなものに参加してもいいですし、一人で練習してたまに市民マラソン大会に出場するのも楽しいのですよ。

走る距離も、10kmやハーフマラソンの21km、フルマラソンの42kmと実力に合わせて参観できる仕組みになっていますから、3ケ月ほど自分で練習すれば参加可能ですよ。

マラソンも月刊誌があって、いろいろな宣伝商品が掲載されていまから本当に楽しい。

            【広告】

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*