人間関係がもたらす心の病|待つわ、まちぶせ、あたりから予見されてた

Pocket

あみんの『待つわ』とか石川ひとみの『まちぶせ』みたいな楽曲の歌詞がさあ、ピタッと若者の心に飛び込んできて「そうそう、わかるわかる」ってなってきたのが1980年代。

あの歌から30年以上が経過してますが、今の人間関係の問題を予言していると思いませんか?

和田アキ子の『あの鐘を鳴らすのはあなた』の歌詞に、「あたなには希望の匂いがする」って部分があるけど、視聴者にうったえるものが真逆ですよね。

『待つわ』とか『まちぶせ』って今あらためて歌詞を読み直すと、やっぱりキモいのよ。ドロドロの人間関係。

 

心理カウンセラーが「心の不調を緩和します」と看板を掲げているのを目にしますね。ツイッターにも頻繁に登場してきます。

          【広告】

『待つわ』とか『まちぶせ』がもたらすメンタルの不調の時代が楽曲リリースから30年たって、ついにやってきた、って感じ。」

 

  • 生きるのがしんどい
  • みんなと一緒にいても幸せを感じない
  • 自分は誰からも注目されていない
  • いつも母親の事が気になる
  • 周りの感情に振り回されている

心理カウンセラーの看板を見て気になるのは「症状を緩和します」というところなの。

メンタルの不調で困って、藁にも縋る思いでいるわけですよ。そこに網を張るように「症状を緩和します」とくれば、大勢かかってくるでしょ。

 

心理カウンセラーは医者じゃないから医療行為はできない。治療せずして、話しだけで治せるのか、って意地悪く勘ぐってしまうわけです。

 

ここではメンタルの不調に対する医療とカウンセリングの効果について解説しています。

 

心理カウンセラーの役割

 

冒頭に挙げた幾つかのメンタル不全に対処する場合、必ずしも薬物療法が必要とは限りませんね。でも、詳しい検査せずに心理セラピストが症状を緩和しますというのは、おこがましいと感じずにはいられないのです。

 

考え方の歪み、偏りをコミュニケーションの中から拾い出すのがカウンセラーの役割だとしても、長年考え方に偏りが続いた結果、心に変調が起こっているのだとジャッジするのは医者の役割でしょ。

「生きるのがしんどい」という患者の病感を噛み砕いて、その原因を推測するのは生物体としての脳構造を熟知した医者でなければならないじゃないですか。

心、気分、感情の不調はそもそも脳内での不全だと肝に命じて欲しいわけです。

「生きるのが辛いのはみんな同じです。足元をしっかりと見据えて家族の為にも強く生きなければ、、、」なんていうアドバイスを軽い気持ちでしてはいけないわけなんです。

 

心療内科の看板を掲げていても治せない医者がいる

 

ここ10年くらいで心の病がすごく増えていますね。過労が原因のケースは、政府が働き方改革を打ち出して対策している。これ素晴らしい。

高度経済成長の路線から先進国路線に舵を切った。

 

でも生活が豊になって、みんながガムシャラに働いて生きる生活から、人生を楽しむように思考が変わったでしょ。

今の若い人たちは高度成長なんて物語の域に入れちゃってますよね。それはそれでいい事なんですが、生活様式が単純でなくなった分、思考が複雑になってきたの。

一致団結の考え方が薄れて、「他人よりも幸せになる為には」を模索するようになった。ここから人間関係の問題が出てくるようになっちゃった。

冒頭に書いた『待つわ』とか『まちぶせ』みたいな水面下現象がそこらじゅうで起きている。

 

こういう人間関係の問題を、普通の内科医が薬物療法で治そうとするでしょ。神経症とうつ病の混合状態みたいのを、安直な判断で処方箋だすじゃない。

それで余計に症状を悪化させちゃう。

 

こういう時に心理カウンセラーが患者の話を聞いてメンタルの状態を整理してあげてほしいわけですよ。

         【広告】

精神科医とのペアで最強タッグ

 

精神科医って脳内分泌の不全とかの専門家だけれども、心理学のプロじゃないんです。「職場の人間関係が、この患者にどういうふうに影響しているか」を判断するのが仕事じゃない。

患者がうったえる症状から病名を特定して薬を出すのが仕事なんです。

 

一方でさ、心理カウンセラーって『待つわ』とか『まちぶせ』の世界のプロじゃないですか。もちろん職場でのパワハラとかセクハラとかも含めて。

 

体調不良(心の面で)の原因は脳内分泌物の不全なんです。これは精神科医の守備範囲。

脳内分泌の不全を引き起こしている原因は人間関係とか職場環境で、それは心理カウンセラーの守備範囲。

両方がタッグを組んで患者に当たる体制にしないと、これからもっと増えていく難治療性のメンタルシックネスは治せないんですよ。

        【広告】

         【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*