ワイルドな無精髭も効果と裏の努力の視点から見るといじましく映る

Pocket

一見ワイルドに見える無精髭のちょいワルおやじも、その効果と裏の努力の視点を通すといじましく見える。足の指先までゴージャスなマニュキュアを塗ったお嬢さんも、通底するなにかがある。

言われると確かにバランスが悪い。見た目と真逆な姿がそこにあるのです。ここでは、外見と外見を作り上げる努力とのアンバランスゆえに、痛々しく感じられる努力に関して考えてみました。

                【広告】

無精髭がワイルドで素敵と思いきゃ

 

鋭い女がいるものです。キレイに刈り揃えられた男の無精髭を見るたびに、いじましい気持ちに陥るそうです。

「ちょいワルっぽくていいじゃない」と反論するも、「あれってさあ毎朝鏡を見ながら丹念になん十分もかけているのよ。ワイルドどころか女々しいい、涙ぐましい、痛々しいってかんじょね」と。

なるほどなのです。

無精髭は均一には伸びないし、ツヤツヤに露出している顔面部とのコントラストは涙ぐましい努力の結果なのです。2日も3日も髭を剃らない正真正銘の無精髭を直面したとき女性は「ワイルドより不潔!」と感じる生き物におもえてならないのです。

ニキビが潰れてまでも清潔感を出そうと無理に髭を剃った結果、頬に血が滲んでしまうことなんてざらにあるでしょ。それを「あのニキビズラと、つぶれたニキビの跡が気持ち悪いのyね」と、それこそ冷血に批判する女性だってたくさんいるのです。

 

女性の鋭い裏読みを聞いているうちに、2歳年上の姉が胡坐をかいて足の爪にマニュアルを塗っていた姿を思いだしたのです。無精髭と女性の足のマニキュアには通底する部分があるように思えるわけなのです。

            【広告】

整形外科とタトゥー

 

整形外科の大きな手術直前になって、回復に少しぐらい時間がかかっても構わないからわざと雑に縫合してくれ、と頼む患者がいたと聞きます。傷を縫い合わせた跡をジャギジャギとワイルド仕立てにしたいそうなのです。

手術後に後遺症が残こるというなら話は別ですが、身体機能として問題がないのなら見た目、大手術の痕跡をしっかりと残しておきたいのだとういうわけです。箔が付く」といったところなのでしょう。

日本のタトゥーにもこれと同様なパワーが宿っていますね。裏社会への通子手形的な印象ですね。軽いタトゥーならサーファーあたりの足首やふくらはぎのワンポイントでしょうか。これがあるかないかで、一番のうねりを譲ってもらえるかどうかが決まるわけですね。

脇に控えるサーファーの女(彼女、愛人、交際相手、、)も、その地位を確実にするために潮風と太陽で脱色した長いストレートヘアーとワンポイントタトゥーが欠かせません。ここにも、見ようによってはいじましい努力がすけて見えるわけです。

 

 

バランスの悪さがいじましさを増すのです

 

ワイルドを演出したいなら無精髭なんかじゃあ見透かされちゃう。鋭い女に言わせれば、ちょいワルおやじの無精髭なんて、早朝の勤勉がなせる業ですからね。本当にワイルドな男とは性欲を発散するときにしか女性の事など考えないのかもしれないし、そもそも女性に好かれようなどという概念がない。

そんな自分勝手な男を求める女がいるものか疑問ではあるのです。たいていワイルドを演出する男なんてのもともといじましいわけですよ。

女に好かれたいという気持ちが根底にあって、それを野性味で魅きつけるか、母性本能を引くするぐ作戦で行こうかと考えていて、その両端に位置するキャラを演じるだけの柔軟性を兼ね備えている。そう考えると、ワイルドなり母性本能作成でアピールしようと考える男は意外にも器用なのでしょう。

 

女性の足の爪のマニュキュアも、セクシー&ゴージャスを装おう陰で、背中を丸めた胡坐の姿がイメージされる。つま先の末端まで色とりどりの装飾で磨きをかけているセレブが、私生活まで本当にセレブなのかというと相当のお金持ちでないかぎりは胡坐をかいてマニュキアを塗るタイプ。

叶姉妹みたいに、胸にシリコンを埋め込むだけの経済的余裕があれば別ですが、女性側もやはりいじましい努力をしているわけですよね。

 とどのつまりは、バランスなんですよね。

    • ワイルドと涙ぐましい努力
    • セクシーと背中を丸めた胡坐

         【広告】

 

        【広告】 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*