心の賞味期限を感じたら潜在意識に問いかけろ

Pocket

心の賞味期限?

何のこっちゃ!

ホルモンのハツのこと?

 

真面目に!

心つまり、気持ちがフレッシュでなくなってしまう事です。

◆気持ちがぶれる

◆決心が揺らぐ

◆目標を諦めかける

 

こんなのが頭をよぎったとき、心の賞味期限が迫ってきたように思えるのです。

どんなにメンタルの強い人でも、ぼんやりと「賞味期限近し」と思い浮かべるときがある。

ある、ある、100人いれば100人とも絶対に感じるときあるんです。

それが人間ってもんですよね。

 

賞味期限の延長作戦

 

賞味期限の延長って違法でしょうか?

別のラベルを上から貼るのはNGですよね。

こんな方法だったら少しは誠実さを感じます、、、。

★豚肉の賞味期限を5日間くらい延ばしておいて「味覚音痴の人なら食べられます」と追記する

★「今すすぐ冷凍すれば、ハイこの日にち!」というのは

★キャベツとかと混ぜてギョーザにしちゃう。はたぶん流通してるけどNG

★そのギョーザを焼いて、冷凍にしてしまえばOKでしょう

 

心の賞味期限を延ばす方法、伝授します

 

心の賞味期限の延長とは、別の言い方をするとギブアップに近くなりつつあるメンタルを立て直す事ですね。

その方法はいろいろと考えられるのですよ。

 

思い通りに事が進まないと、だんだんイライラや焦りが出てきます。

それでも頑張ってみるけれど、結果が伴わないと時間の経過とともに、気持ちがぶれてくるのです。

進捗がはかばかしくないという状況です。

 

それには原因があります。

■目標が具体的になっていない

■進捗の目盛りをつけていない

■長期目標(夢)だけしか頭になく、中期目標、短期目標が不明確

 

夢を目標にして突き進む、全然悪いことじゃないですよね、

でも目標を達成するためにはテクニカル的に一工夫しておかないと息切れしてしまうんです。

「目標」イコール「夢」のままで歩き出すと、途中で「三歩進んで二歩さがる」みたいな状況でげんなりしてくるんです。

いわゆる「壁にぶちあたる」という状況。

中期の目標と、短期の目標を作っておくことで、問題発生の推測が可能になります。

このあたりで、状況整理をしないとこんがらがるなあ、とか。

ここには、いつもよりも時間をかけてじっくり取り組まないといけないなあ、とか。

それらを考慮しておくと「三歩進んで二歩さがる」が想定内に入ってくるわけです。二歩さがる、が必要不可欠なことだと納得できるから、下がった気分にならない。

 

気持ちがついてこれなくなったとき

 

疲れてくると、どうしても気持ちがついてこれない。心の持久力の限界。

TO DOリストとにらめっこ状態が延々と続くんです。

ため息 ⇒ TO DOリスト ⇒ ため息 ⇒ カレンダー ⇒ げんなり

 夢 を叶えるために目標を作りますよね。それも具体的(長期、中期、短期)することでアクションが取りやすくなる。

で、で、でも、疲れるときは誰でも疲れる。そこで自分を責めるのが最悪なんですよ。

 なぜ自分は頑張れないのか、と。

自分の覚悟なんて、こんなものなのか、と。

 こういうときは潜在意識に任せちゃうのが一番なんですよ!

短期目標ってとてもシャープですね。結果に直結したアクションプランですから。

でも長期目標はもっとマイルドでしょ。夢、となるとマイルド&スイート。

心に賞味期限が近づいたと思ったら、夢がかなえられているイメージを潜在意識にもう一度インプットしてみてください。

それができたらしばし休憩です。

潜在意識が心と身体の状態をベースに、今何ができるかを提案してくれますから。

 

厳重に注意しなければならないのは、これだ!

 

厳重に注意しなければならないのは、こだわり&執着ですよ!

短気目標に縛られ「TO DO リスト」にこだわり過ぎる事です。
こだわり&執着はメンタルのアキレス腱なんです。

几帳面な人ほど気をつけてくださいね。

「こんな小さな目標すら達成できなかったら夢なんかかなえられるわけがない!」と自分にムチを連打するストイック過ぎる人。

気持ちがついて来られなくなりつつも、運よく乗り切れればいいのですが、毎回毎回乗り切れるとは限らないじゃないですか。

うまくいかなかったとき、自分にダメ人間の烙印を押してしまう。自分を許せなくなってしまうんです。

「一度や二度の失敗でガタガタいうな!」というタフさとは逆に、勝ち続けてきた者のもろさが出てきてしまう可能性がある。

どんどん視野が狭くなっていく。自分の命にかえても、ここだけはやり通さなければならない。

命を引き換えに短気目標に挑みかかってしまう。

ストイックすぎると、どこかで自滅してしまうんです。

最終目標の「夢」を追いかけているのを忘れちゃダメです。

ちょっとくらいの失敗は笑ってごまかすタフさと、いい意味でも「イイカゲンさ」を身に付けてください。

 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*