ゴーン氏の特徴だが人格者と共感する者なし|カリスマ性とサイコパス

Pocket

 日産カルロス・ゴーン、カリスマ経営者の逮捕

 

なぜカルロス・ゴーンは逮捕されたのか?

直接の原因はご存じの通り、所得税の脱税容疑ですね。

で、その脱税にのめり込んだ理由は、彼の人格にある。

サイコパスが彼のもう一つ顔なのです。

共感能力が極端に乏しいのがサイコパスの特徴の一つです。

凶悪犯罪に手を染めるサイコパスも同様。

世の中のカリスマ経営者の25%程度がサイコパスと言われています。

日本語では、反社会性人格障害
関連ブログ:座間殺人事件|依存症の脳みそ、共犯者だけはゲロッてやらねえ!2018年4月12日

企業のCEO以外にも、外科医、弁護士などにおさまるタイプがあるのです。

カルロス・ゴーンはこのサイコパス特有の無共感を利用して日産自動車を瀕死の重傷から救い上げたのです。

だが、人格者だと共感する者はない。

         【広告】

ルノーよりカリスマ経営者降臨

 

19年前、フランス・ルノー社から21兆円の有利子負債に喘ぐ日産自動車に送り込まれたのがカルロス・ゴーンだった。

着任そうそう4年間で黒字転換させると公約して、1年前倒しで見事にやってのけた。日産リバイバルプランだ。

でも、その裏にはサイコパスならではの計算高い計画が仕込まれていた。

車の販売利益だけで黒字転換などできるわけがない。
合理的で、日産に思い入れのない人間だからこそ断行できたのが日産リバイバルプランだったのです。

覚えていませんか?当時、東銀座にあった日産自動車本社。

その周りをプラカードを掲げてデモ行進するリストラされた方々や、その家族の悲痛な面もちを。

生産拠点の海外シフトはルノー社の得意技。車を売る土地で車を作るのが一番合理的なのだ。関連ブログ:英語を生かす仕事に就くのに資格不要|製造業それも自動車会社が狙いめ2017年9月12日

 

日産にとっても、飽和状態の国内マーケットにしがみついている理由などこれっぽっちもないとゴーンは考えた。
工場稼働率を全て洗い出し、不要な工場を立て続けに閉鎖、売却してしまう。

合理的なサイコパスならではの発想で改革を推し進めていく。

 

  • 名車スカイランの村山工場の閉鎖と売却
  • 座間のオフライン工場の閉鎖と土地のレンタル

 

更に、自動車に特化するとの事情から、多くの部門や関連会社の株式を売却し、キャッシュインしたわけです。

  • 宇宙航空事業部の荻窪工場の閉鎖と売却
  • フォークリフト事業部の廃部
  • マリーン部門の廃部
  • 日産野球部の廃部
  • 関連会社の株式売却

  

カリスマ性が高く、魅力的に映るサイコパスの特徴

 

巨大企業の経営者として組織を束ねるには実力以上にカリスマ性がものを言う。

日産リバイバルプランは、資産の売却収入を当て込めばほぼ成功だと机上の計算は完了していたわけです。

黒字転換は長年業績不振に苦しんできた日産自動車にとって、マジックのような経営手腕に映ったに違いない。
ここで日産社員はコロッとだまされたわけです。

 

1年もの前倒しで黒字転換“とマスコミはカルロス・ゴーンをたたえ、追い風のうけて得意の演説で締めくくる。

勤め先の工場を閉鎖させられて苦情を申し立てる声など、もはや耳には届かない。
もちろん、サイコパシーが極端に高いカルロス・ゴーンは共感する感情など持ち合わせていない。

なにせ21兆円もの有利子負債をチャラにしてみせたのだ、それで十分だろうという感覚なのだ。

 

多忙な時間を割いて日産の各工場を回って社員をねぎらったのは、社員と心を通わせる目的ではない。

あのカルロス・ゴーンが訪問してくる、というだけでまるで芸能人並みの人だかりです。

気さくに現場の社員と握手をして、スナップ写真をとる。

分かりやすい英語で話しかけて、好感度を上げる。

「俺が行けば社員が喜び、俺に共感するからだ。それ以外に目的はない」と思っているのでしょう。

  

私生活はナルシストで女好き

 

 あのサイコパスは、日産自動車の社員の目にも実に魅力的に映ってしまったのです。

感情を挟む余地のないブレない経営方針、とみんなが思って共感したのです。

確かにブレない。外からの圧力に屈しない。メンタルが強いわけではない。助言など耳に入らないのです。
関連ブログ:心を鍛えるとは?|強いメンタル、折れない心、強靭な精神力2017年5月21日

そもそもサイコパスとは、反社会性人格障害なのですから。

 

日産のCOOに就任してから、だんだんと髪のボリュームが増えてきたのに気付いたでしょ?

リーブ21か何かですね。見た目をものすごく気にする人らしいですよ。まさにこの手のサイコパスの性格を見事に反映しているじゃないですか。

 

自社ブランドではなくポルシェを乗り回し、助手席に女性をのせ不倫を楽しんでいた時に、交通事故を起こしましたね。

ニュースはたった1日で握りつぶしましたから、見ていない人も多いかもしれません。金で合理的に物事を解決する。これもサイコパスの特徴です。

 

一人目の奥さんへのDVが週刊誌に嗅ぎ付けられたときも、電光石火のごとく握りつぶしました。これもポルシェをぶつけたときと同じで、金で記事を買い取っています。
関連ブログ:DV(家庭内暴力)から逃げない女心|パンチの効いたツンデレが好き2018年3月25日

俗物なんのです。お金が大好きなのです。女にだらしがないのです。

         【広告】

 ただのナルシストではない、何かやってくれそうな雰囲気を漂わせているのがサイコパスだ

 

 中国の市場開放のなかで2002年カルロス・ゴーンは東風汽車と包括的提携関係を締結、翌2003年には合弁会社の設立に至っている。

中国市場での存在感が今後の自動車会社の戦略キーになるといち早く考えた結果だ。

 

さらに電気自動車に資金をつぎ込む。

トヨタ自動車がハイブリッドのプリウスで世界を席巻するのをしり目に、電気自動車の開発にどんどんのめり込む。絶対に成功するとサイコパスの頭脳が背中をしまくる。

 

2014年にロシアの国営自動車メーカー、AVTO  VAZ社の経営権をルノー・日産が取得した影には、プーチン大統領漢とカルロス・ゴーンの密談があった。

何としてでもロシアの自動車産業を立て直して、経済力を拡大しなければならないと考えたプーチン大統領が接触したのがカルロス・ゴーンだった。

日産は矢継ぎ早に手売っていく。

日産自動車の生産技術本部から、すぐさまAVTO VAZ社の工機部門にエンジニアを派遣し、物作りの基本を叩き込んだ。

 

とにかく先を読む力にたけているのだけは確かで、秘密裏にガンガン動く。
三菱自動車を取り込んで、東名アジアでのシェアを上げる戦略に打ってでたところだ。
関連ブログ:日産ゴーンがCEO退任のわけ?インドネシアの巻き返しで三菱を抱え込んだから!2017年2月24日

恐らく、カルロス・ゴーンでなければできない仕事に果敢に取り組んだのだ。

 これからの自動車会社はブランド力だ。


「やっちゃえ日産!」と矢沢永吉が言い放った。

ブランド力を底上げして、日産の顔を作り上げる目標を掲げた。

だが、自ら日産の顔に泥を塗ったのがカルロス・ゴーンだった。

【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*