冬のランニングで脂肪断然燃ダイエット|準備運動とアンダーウエア―に注意

Pocket

真冬のランニングはダイエットに最適

 

お正月の風物詩は箱根駅伝をはじめ、マラソン競技。

冬は長距離走に最適なコンディションで、かつ脂肪燃焼ダイエットの絶好のチャンスなのです。

夏場に比べ体内脂肪をガンガン燃焼してくれるのです。

冬は何もしなくても、基礎代謝が高いですね。

寒さに耐える為に体内の脂肪を絶えず燃やし続けているのです。

夏場に汗をかくのは、どういう仕組みなのか?

実は身体を冷やすために汗をかいているわけなのです。

汗をかくと、その汗が蒸発しますね。

蒸発するときに気化熱として身体から熱を奪っているわけです。

少し身体を冷やしてくれているのです。

夏に内水巻いて。涼むのと同じ理屈ですね。

だから、汗をかいて身体から水分が外にでたとしても、体内の脂肪をさほど燃やしているわけではないのです。

 

冬場に運動をして汗をかいたとしたら、夏場と同じように汗は蒸発し身体から熱を奪います。

寒い冬なのに、体から熱を奪うからますます寒くなって風邪をひいてしまうわけです。

 

話をもとにもどします。

夏場よりもカロリー消費が激しい冬場を利用してダイエットしましょう!

       【広告】

 

冬のランニングで最も大切な事とは?

  

なんだと思いますか?

準備運動、シューズの選定、水分補給、栄養補給、ペース配分、、、と、大切な事はいろいろあります。

でも、冬場という事を考えると何と言っても準備運動とウエア―なんです。

 

ランニング前の準備運動

 

冬場は全身の筋肉も関節も夏場に比べると固い状態なのですね。

準備運動をせずに強い力を加えたり、急に長距離を走ったりすると一点に圧力が集中して、その部分を痛めてしまうわけです。

うっすら汗をかくていどの準備運動で足首、膝、股の関節をほぐすこと、更にストレッチで筋肉をほぐすことは絶対的大切です。

ふくらはぎ、大腿四頭筋(太もも表)、ハムストリング(ふともも裏)を含めて、肩甲骨あたりがメインです。

 

 

 

屈伸による膝関節と脚の筋肉の刺激

 

 

ハムストリングとふくらはぎをほぐし、肉離れを防ぐ

 

 

 

 

太もも表(大腿四頭筋)をほぐし、肉離れを防ぐ

 

 

 

 

肩甲骨まわりのほぐし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       【広告】 

アンダーウエア―の選定方法

  

冒頭で熱消費効率について書かせて頂きましたが、寒い冬でもランニングしているうちにだんだんと身体が温まってきます。

そして、ついに汗が出始めますね。

 水と空気の熱伝導率って25倍も差があるのです。

水のほうが伝導率が高いのです。

 

汗をかいベタベタのシャツを着ていると、冬の冷たい外気温度が濡れたシャツを経由してどんどん身体に伝わってきます。

汗をかいていないサラサラなシャツの25倍の強さで外気が身体を冷やしてしまうという事なのです。

だから、冬場のランニングの際には汗を素早く外に逃がすシャツを着ないとあっという間に風邪をひいてしまいます。

 

汗を吸わない最新素材のアンダーウエア―が一番のお勧めです。

ポリプロピレンは一切、水分を吸収しない素材で、ポリプロピレン繊維を含むアンダーウエア―が最新のテクノロジーです。

 

 

 

まず汗を吸わない素材のアンダーウエア―を着て、その上に吸汗速乾ベースレイヤーを着るのがべストですね。

 

 

肌はいつもサラサラのままで冷えないため、低体温症を防止できるというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     【広告】 

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*