友達の輪の中で自分の居場所確保|発達障害を気にしすぎ

Pocket

 自分の居場所さえ確保できればそれでいい

 

友達ができないって辛いですよね。

みんな仲良くワイワイガヤガヤやっているのに、自分だけいつもポツンと一人ぼっち。

どうすれば友達ができるのか、ずっと悩み続けている人、こんなふうに考えてみてくだざい。

 友達って、そんなに意識して作るものではないのです。

なんとなく集まって話をしたり、遊びに行ったり。

たいてい5人、6人くらいが一つのかたまりになっているイメージですね。

とりあえず、そのグループの中に自分の居場所が有れば、それでいいのです。

中心的で存在感のある人がいれば、影が薄い人もいます。

発言力があって、いろいろ提案してみんなを引っ張るタイプや、物静かでみんなの後について行動するタイプですね。

後者でも良いのですよ。自分が中心じゃなくても全然OK。口数が少なくたって別に自分の居場所があればいいのです。

  

友達の輪の中にもいろいろな奴がいるんだ!

  

暫く前から発達障害という先天性の症状が注目され、今や数人に一人の割合で発達障害の症状がみられるとのことです。

とはいえ、症状はまちまちでですね。

それでも知能障害が無いのであれば充分間の輪に加われるはずですよ。

 

個人的に感じるのですが、発達障害と医者から診断されたのを自分自身で意識しすぎているのではないですか。それが尾を引いているのではないかと思うのです。

その場の空気が読めない、一つの事に執着しすぎる」などの面で、クラスメイトと個性を異にしています。

これが医師の言う発達障害の特徴ですね。

自分でも分かっているから、それが原因で友達ができないと悩んでしまう。

それでも、一番大事な部分は友達を作りたい、仲間の輪に加わりたいという事ですよね。それさえぶれなければ大丈夫なのです。

発達障害の方には、ひたすら寡黙で孤独を好むタイプがあります。

このタイプだと、仲間の輪に押しこむ事が本人にとって強いストレスとなる。

生まれつき忌み嫌う事を押し付けることになるわけです。本能がNOといっているのに、無理強いするわけです。

でも、あなたの場合は、ちがいますよね。

その気持ちをなによりも大切にするのです。

         【広告】

発達障害の人は考え過ぎなのかも??

 

 『価値観が違うから、話が噛み合わない』と決めつけていませんか?

 

でも、それはそれでいいのです。

人間、みんな価値観は違うのですから。

それに、ワタシが学生の頃には(いまから20年以上も昔で、発達障害という言葉など聞いたことがなかつた)、友達の輪の中に一人や二人、変な奴がいましたよ。

みんなでプロ野球(パリーグの自由席)を見に行こうって話しているときに、急におでんが喰いたいとか言い出すの。

真夏におでんなんて売ってねーよ、ってなだめるんだけど一度言い出すと、もう他人のいうことなんて聞かない。

急に走り出して、みんなが止めるのを振り返りもせずに自分の家にまっしぐら。

暫くしてニコニコしながら帰ってくるわけ。

「お母さんが、友達みんな連れてこいってさ」と、真夏の夕飯は、そいつの家でおでんパーティーになるわけ。

すると、そこのうちのオヤジが「暑いときには熱いものを汗かきながら食うのがいいんだ」とか言ってクーラー消すんですよ。

みんなダラダラ汗かいて、氷水飲みながら熱いおでんを延々食うわけ。

当然プロ野球を見に行くプランは、そいつのおかげでパーになる。

でも、それが個性だから誰も文句も言わないし、そいつの母親も「ゴメンね、暑い季節におでんなんてたべさせて」って恐縮している。

 

お母さんの気持ちも子供ながらに理解できていた。自分の息子が他の子供たちと違っているのと、それを承知で俺たちが奴を仲間に加えていることを。

すると、みんな、こいつはアホだけど面倒みてやらなきゃな、つて気持ちになる。

そんな関係でしたよ、昔の友達っていうのは。

かといって、そいつと二人だけで長い話ができるかと言えば、それは無理なんです。

たぶん、みんな同じだったと思う。

       【広告】 

本人も自分の立ち位置はわかっている

 

その変わった性格の友達と二人きりで学校から帰る途中で一度聞いてみた事があるのです。

たわいもない話だから、価値観の違いなんて関係ない。

プロレスの話とか、昼の給食の話とか。

その時に、自分の性格について尋ねてみたんです。

本人も、自分が他の人とはどこかが違うと分かっているの。

回りが見えなくなって猪突猛進になることもわかっている。

でも、みんなに迷惑がかかる事はグッと堪えている。

反対に、おでんをみんなで食べる程度なら迷惑じゃないだろうとも考える。

みんなと仲良くしていると、親も心配しない、ということも理解している。

「だから、俺はそうやって生きてい子と思う」と言っていた。

オレは立派だとおもったね、それを聞いて。

        【広告】

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*