FXで含み損なく手堅く勝つにはチャート複数足のフラクタル曲線を見極めろ!

Pocket

FXで手堅く勝つためには

  

長期的な上昇トレンドでも下降トレンドでも、実際には細かな上昇と下降を繰り返しています。

レンジ相場でも同様ですね。

時間足が60分でも、15分でも、5分でも同じように上昇と下降を繰り返しているのです。

下図を60分足のチャートと考えてください。これは下降から上昇に向かう転換の状態を現わしていますね。

 

 

 

 

これをもう少し足の短い15分足で見てみますと、下記のようになっています。

60分足では単純に下降から上昇に転換しているように見えても、15分足でみると細かい上昇と下降を繰り返しているのです。

もちろん、60分足の上をなぞるように上下しているわけです。

 

 

 

さらに短い5分足で見てみると、下記のようになります。15分足のチャートよりももっと細かく上下しているわけです。

これも15分足、60分足足の上をなぞるように細かく上下しているわけです。

1時間足、15分足、5分足を重ねると下図のようになるわけです。

 

 

 

 

 

デイトレードでエントリーする際に気を付ける点として、下記の記事を書かせて頂きました。

    相場の7割はレンジ

    ダウ理論は継続する

    プルバックが起きる理由

    三角レンジの抜ける方向

 

上記を念頭に、最も安全にエントリーするタイミグは、60分足、15分足、5分足の向きがすべて同じ時を狙うわけです。

       【広告】

FXで含み損なく手堅く勝つ

 

FXでの必勝法はじっと待つことです。

過去10年間の平均レートを算出して、そこからエントリーすれば、売りでも買いでも必ず勝つことはできるのです。

ただし、そこにはメンタルを削られる含み損に耐えられるかどうかという心理戦が待っています。

でも、デイトレードで勝負しようと思えば、その作戦は使えません。一日という短時間では10年間の平均値など意味を持たないからです。

 デイトレードで、含み損を抱えることなく手堅く勝方法は複数足のベクトルが合ったタイミングでのエントリーです。

初めに60分足のチャートで上昇か下降を確認します。

次に、15分足のチャートで確認いします。

6本見る必要がありますから、1時間~2時間後に再確認となります。

60分と15分がそろったら、5分足チャートでエントリーのタイミングを観ます。

5分足が逆であっても、さほど時間がかからずに転換しますからじっくりとチャートを観察しながら待機します。

3つがそろったところで、エントリーです。

下図が60分足、15分足、5分足を重ねたチャートです。

フラクタル曲線になっているのです。

ここで、3種類のローソク足の向きが同じところにオレンジ色の鎖みたいな線を入れてみました。

 

 

このタイミグでエントリーすると、含み損のストレスを抱えなくても済むわけです。

ただし、60分足では下降であっても5分足では上昇している所がありますから、そこは見掛け上、利益が減って見えますが、我慢のしどころなのです。

それが転換して更に利益を伸ばすことになるわけです。

       【広告】 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*