チャートは群衆心理で動く|ダブルトップとダブルボトムを形成する心理

Pocket

ダブルトップが形成される群衆心理

 

 為替チャートの代表的な形状としてダブルトップ、ダブルボトムがあります。

ダブルトップが出現したら、下降傾向と考えるのがセオリーですね。

では、そう考える群衆心理とはいかなるものであるかをご説明いたします。

 

上昇してきた相場が、A水準で2回も止められて反転しているわけですね。

上昇傾向だった相場で、急に売りエントリーする人はいません。

 

          PR

 

つまり、このA水準では;

    買いポジションを持っていた人が多数、利確した

    A水準で売り予約を入れていた多数いた

    なぜなら、このA水準が過去をさかのぼると何らかの重要な節目となっているからです。

 

更に、一端下降がはじまった為に、あわてて利確に駆け込んだ人もいるでしょう。

もしくは、戻りを期待してじっと待ち、再びA水準に戻った時点で間髪入れずに利確したのが二つ目の山です。

 

買いポジションをもったまま、A水準を上抜けするのを待つのは素人考えですから、止めた方が賢明です。

 

A水準での利確と、ここから下落するだろと考えて売り予約を入れている人が出てきますから、どんどん下降傾向に拍車がかかるという群衆心理です。

 

重要なのは、ダウ理論が崩れ、かつ2回も同じ水準で止められた事実をみんなが見ているという事です。

この局面で、上抜けすると考える人はいない事を頭にとどめておいてくださいね。

仮に上抜けを期待しているとしても、上抜けし、かつプルバックしたのち上昇するのを見ない限り絶対に買いエントリーはしてはいけません!!

 

利確水準を誤って、もう少し上に設定してしまった人は二つ目の山が来る際に、下図の通り、利確水準を下方修正します。

         PR

ダブルトップの谷間の深さ

 

更に、ダブルトップの谷間の深さについて解説します。

下図のチャートAのように既にダブルトップを形成したチャートがあったとします。

現在いるのは赤点を書いたあたりです。

ここで言えるのは、ダブルトップの谷間の部分までは下落してくるという事です。谷間の水準を下抜けるか、ここで反転するかはわかりません。

それでも、谷間の部分までは下落してくると考えてください。

 

なぜ、そう考えるかというと、ダブルトップが出現したら「下降トレンドになる」とみんなが考えているからです。

このみんながどう考えるか(群集心理)が大切で、相場は人の思惑で上下するわけです。

人の思惑は、FXのテキストに書かれている事、FX講座で先生が教えること等々のトレンドサイン(ダブルトップがのあとは下落、ダブルボトムのあとは上昇)で動くわけです。

 

「 トレンドサイン ⇒ 群衆心理&群衆エントリー ⇒ 相場形成 」です。

トレンドサインが相場を作るわけではなく、トレンドサインが群衆を動かし、そして群集が相場を動かすというわけです。

  

ダブルボトムも同じ考え方です。

        PR

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*