座間殺人事件|依存症の脳みそ、共犯者だけはゲロッてやらねえ!

Pocket

座間殺人事件には共犯者がいる

 

犯人白石の取り調べが長引く理由は、共犯者の存在です、

警察は白石の単独犯行とはみていません。

共犯者がいると考えているのです。

たった二ヶ月の間に9人殺して、死体を解体。

その中には男性も一人含まれている。

二人目の犠牲者は、一人目被害者の恋人の男性。

これ、一人で出来る仕事じゃない、共犯者がいるに違いない、と警察は考えているわけです。

 

被害者の全員が、白石が住む座間のアパートで殺されたと考えるのは無理がありますね。

解体した遺体の一部はゴミとして捨てたとしても、頭部を入れたたクーラーボックスが部屋のあっち、こっちにぼこぼこ置いてあって、異様な臭いが部屋に充満していたのですよ。

そんな部屋にのこのこ上り込む人いないでしょう。

いくら死にたいと思っていたって、白石の部屋に一歩でも入ったら、気が変わりますよ。

自分の最後はもっと小奇麗なところでなければならない、つて絶対に思いますよね。

だから殺人の現場は、座間の白石のアパートとは別のところにもあると警察は考えているのです。

別の場所で殺して遺体をアパートに運んだとすれば、共犯者の手助けなしでは無理。

座間殺人事件、犯人・白石の勾留期限の延長

 

警察は座間殺人事件の犯人、白石隆浩を再逮捕で勾留し続けます。

 
精神鑑定で勾留5ヶ月延長で、これがラストチャンス。

逮捕後の勾留期間は最長でも23日間。

それを、あえて9人の殺人をまとめずに、白石の勾留期限を再逮捕、再逮捕で延長。

本人は、9人殺したと自供しているのに、共犯者だけはゲロってくれない。

警察の焦りが見え隠れします。

白石の証言に曖昧な点がありのは共犯者の存在を隠しているからなのです。

裁判になれば死刑判決がくだされ、シャンシャン。

精神鑑定で責任能力なしにして、二審、三審でじっくり行くという手もなくはない。
 
警察の面子にかけても、白石だけ吊るして終わりにするわけにはいかない。
 

 

       【広告】 

 

 

       

共犯者と一緒に遺体をアパートに運び込んだ

 

 

成人男性の遺体を、白石ひとりでアパートに運び込むことなんてできない。

さらに、司法解剖の結果から、白石以外の人間が殺人に関わっているところまで警察は突き止めている。

共犯者を突き止めてやると、余裕しゃくしゃくで押収したパソコンを調べた。

携帯電話の履歴から絞り込こんでやると意気込んだん。

どちらも空振りだったわけです。

ここで警察はどう判断するか?

メールや携帯電話で連絡を取り合う必要のない相手とすれば、同じアパートの住民あたり?

 同じアパートでないとしたら、直接やり取りできる距離に住んでいると思われますね。

父親??

そうでなければ、殺人が行われた2ヶ月の間だけ、同居人が居たという可能性もあります。

すでに、海外に高飛びしたか、白石に殺されているか。

そのあたりを隠蔽しようとするゆえに、自供に一貫性が保てないわけですね。

 

これねえ、もうしばらく待っていると、共犯者が割れますからじっくり見ていましょう。

 

       【広告】

 

座間殺人事件の動機は何?

 

 白石の幼少期のエピソードを読む限り、優しく友達思いで、控えめな少年だったことがうかがえます。

目立たぬ存在ではあったが、仲間がいないわけではなく、普通の生活をしていたように思えるのです。

家族は、父、母、妹、本人のごくごく一般的な家族構成。

ただし、母と妹は白石が座間殺人事件を起こす数週間前に家を出ています。

殺人の動機と何か関係があるのか、家を出た原因が気になるところではあるのです。

 

白石は新宿で風俗店に女性をあっせんするような仕事をしていました。

その時に逮捕され、それ以降、職に付かづにゴロゴロしていた。

その時の 仕事先ので人間関係と逮捕が、白石のメンタルを歪めたのは間違いなでしょう。

いや、すでに歪められていた人格にダメ押しがかかったと観るべきでしょう。

風俗店に女をあっせんするような仕事で、そこで働く女性らからも小馬鹿にされ、女性に対する強い敵意が生まれていた。

「あの女どもムカつくだろう!店の若いのに手伝わせるから、やっちまえよ」と風俗店の男らに煽られて憎しみが膨れ上がり、自殺願望の女を引っかけに走った。

動機としては、積りに積もった女性への恨み。

ただ、白石がやらかしたのは連続殺人で、それも9人。

衝動性だけで続くものではありません。

それなら連続殺人の動機は何なのでしょうか?
      

 

 動機と連続殺人は別、殺しが快楽依存症へと導いた

 

風俗店に女をあっせんするくらいしか能のない人間、と罵倒された。

やりたい男に女をあてがうくらいしかできない、クズ野郎と。

「できるものなら自分の力で女を魅了してみろよ」という挑発が白石に火をつけた、と考えるべきか。

とても、金銭目的だけで、あれだけ残酷な殺人は起こせません。

動機と連続殺人とはリンクしていないのです。

一人目の殺害は、女性に対する憎悪です。

散々、オレをバカにしてきた女への仕返し。

死にたいなどと、ほざいているバカ女を地獄に逆落としにしてやる、という強烈な恨み。

しかし、殺した瞬間に思いもよらぬ快楽を感じてしまった。

良い事なんか何ひとつなかったショボい人生だったのに、女を殺めたその瞬間にドーパミンが噴射した。

脳内伝達物質の快楽ホルモンが最高の殺人とともに最高の気分が白石の脳を揺さぶった。
 
自殺願望の女性を殺した時の快感が白石の脳を蝕んだのです。

今まで一度たりとも感じたことのない快感の絶頂。
 
すぐに殺人依存症に陥った。

9人もの連続殺人に至ったのは、依存症化したと考えるのが妥当なのです。

一人目の殺人の動機と、連続殺人の動機は別なのです。

殺す以外に快楽が得られない腐った脳みそに変貌していったわけです。

殺す事で自分を馬鹿にした女性への憎悪を晴らし、その快楽が白石に取りついたのです。

 
ギャンブルでなければ脳が興奮しない、ギャンブル依存症。

ショッピングでなければ脳が喜ばない、買い物依存症。

それと同じで、若い女性を手に掛けなければ脳が興奮しない状態になっていたのです。

      

なぜ共犯者の存在を自白しない? 

ひとつ腑に落ちないのが、共犯者に関する自白がないことです。

共犯者が存在するのに、なぜ、白石はそれを隠すのでしょうか?

警察に協力的な姿勢を見せて少しでも印象をよくしたほうが、と普通は考えられるのです。

しかし、白石にしてみれば9人も殺害していて、いまさら極刑を免れるつもりなどないのです。

そんなことよりも白石にとっては、もともとの動機を貫くほうがほっぽど大切なのです。

共犯者は単に手を貸しただけ、たいしたことはやっちゃいない。

あくまでも被害者をおびき出し、殺害したのはこの俺の実力なのだと。

それを、世間的にも知らしめたいのです。

胸クソ悪い女どもを始末したのは、この俺なのだと自分に言い聞かせるために、共犯者の存在を認めるわけにはいかなにです。

たとえ、世間から何と言われようとも。

                                 【広告】

 

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*