リラックスの方法|誰でもできるよ、副交感神経を鍛えてじんわりしよう!

Pocket

 

 

リラックスできない人たち

 

過労、親の介護、子供の将来、、、で片時もリラックスできない人があふれているのです。

夜もぐっすり眠れない。

緊張感から解放されないつらい状態が慢性化している方々。

頑張れば頑張るほど、高まる緊張とストレスに押しつぶされてしまう。

もともと人間は頑張るとリラックスできないようにできていて、頑張らないことが近道なのです。

でも、いいリラックスの方法があるのですよ!

 

 自律神経

 

自律神経には交換神経と副交感神経の2種類があります。

緊張するときに働くのが自律神経。

生活の場面にあてはめると、 集中して何かに取り組んでいるときや、 全力でスポーツに打ち込んでいるときの状態などです。

逆にリラックスしているときに働くのが副交感神経。

のんびりと音楽を聴いているとき、のんびりと風呂につかっているとき等々などです。

そんな時でも神経がピリピリに張りつめていて、全然リラックスできない人がいます。

このような慢性的に緊張気味の人は副交感神経を鍛えるべきなのです。

副交感神経を鍛えて、じんわりしましょう。

 

      【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*