自己中・わがまま|セレブゆえの無自覚か?劣等感の埋め合わせか?

Pocket

自由な人生を生きたい    

 

「自由な人生を生きたいのよねえ、、、」
電車で隣に乗り合わせた女性が、ぼそりと呟いたのです。 仕事帰りです。


見ず知らずのワタシに唐突に話しかけてきたたわけじゃなく、その女性の
友人に対してです。

この「自由な人生を生きたい」とはどんな心情でしょうか?

日本は治安もいい、言論の自由も認められている、インターネットの規制もない。いったい何が不満なの? もしかしたら、この女性は、うんざりするほどの問題を抱え、苦労と試練でヘトヘトになっている?

いやいや、疲労と試練だったらもっと切実な言葉を吐きますよね。自由な人生なんて抽象的な言葉はでてきません。

「1時間だけでも布団で眠りたい」とか

「たまには賞味期限が切れていない温かい弁当が食べたい」とか、

「湯船にゆっくり浸かってみたい」とか

「勝負下着とは言わないまでも、せめて臭わない下着をつけたい」とか。  

もう消えてしまいたいと悲観し、心のすきに付け込まれるようなメンタル状態。

結局行きつく先は、 日本に住んでいて「自由な人生」と言うこと自体よっぽどの箱入り娘?


親の過保護から逃れたい?セレブ家族ゆえの束縛からの解放を求めている?

 

それともまったくの真逆で、セレブに対する劣等感の埋め合わせ発言?

劣等感の埋め合わせでしたら、「自由な人生」という願いから漂ってくるのは、

ごく当たり前な努力が実を結ばず(流行りの化粧や中途半端なダイエット)、

出会いのない毎日に飽き飽きし、運命の人がどこからか現れて、

なに不自由のない生活へと連れていってくれないかしら、

みたいな他力本願のラッキー待ちに思えるのです。

どこの会社にもある人間関係のしがらみとか、生意気な後輩の刺刺しい口答えとかから解かれて自由の身になりたい。

 本来もうひと頑張りして自力で乗り切らねばならない状況から、都合よく連れ出してくれないかという未熟な自己中・まがままに見えて仕方がないのです。

 

       【広告】

無人島ならマジ、自由な人生だ    

セレブにしろ、非セレブにしろ、そんなに自由に生きてゆきたいのなら、君に究極の自由をプレゼントするよ、と無人島に連れて行ったらどんな反応をみせるでしょうか?

「何を叫ぼうが、何をしようが誰からも責められないよ。こんな自由、他にはないじゃん。つまらぬ人間関係も、ムカつく後輩も皆無だし」と。  

たぶん無人島に到着するや、即、こんな質問が跳ね返ってくるでしょう。

食べ物や、飲み物はどうやって手に入れるの? 電気は通っているの? そもそも、住む家はあるの?  

自由な人生が欲しいと言うくせして、自由の大前提となる自然を受け入れる覚悟はないのです。

 

「無人島なんだから飲食の保証はないんですよ。会社に出勤するかわりに、動物でも魚でも植物でも自分で見つけて食べ物確保するのです。」とやんわり言っても、自己中&わががままだから全然かみ合わない。 大自然という自由を認めないのです。 
 

とてもいい女とは言い難い、同性からも嫌われるタイプです。

 

      【広告】

傍若無人と自己中心    

傍若無人と自己中心は一見似ているように見えて、実は真逆の精神構造を呈しているのです。

周囲から、どう思われようと全く意に介さないのが傍若無人。

第一印象とか、醸し出す雰囲気なんて気にも留めない。セレブ的発想のようで実は、半ば人生を諦めかけたヤケクソが混ざっている。つまり劣等感の塊。この手の人は無人島に連れていって暫く頭を冷やした方がいい。

それに比べて、思いのまま周囲を従わせて我が道を突き進んでいくのが自己中。

したたかな女の代表みたいな存在。 周りの人々を適度に巻き込んでいないと物足りないんですね。 セレブ的発想です。

自己中心的が、ちやほやされながら自分勝手に自由な人生を生きていくタイプです。好き勝手に周りを道ずれにしていく。  

 

電車の中で耳にした「自由な人生を生きていきたい」、というフレーズには思いっきりわがままがしたい、という劣等感の埋め合わせ的な香りが漂っています。

不自由のないセレブにムカついている女の雰囲気です。  

 

プールサイドのチェアベッドでくつろぎながら、目だけでブルーハワイをオーダーするようなイメージへの憧れ。たぶん、求めていたのは自由ではなく、なに不自由のないセレブ生活なんですね。

 

そこのあなた、「合コンとかで、自由な人生を生きていきたいの、、、。」なんて言う女がいたら要注意ですよ。

北海道の広大な大地で、かわいい奥さんと酪農しているイメージなんかを抱いたら痛い目にあいますよ。

 

沖縄の青い空のもとでのサトウキビ栽培なんてダメ。

 

求めているのは、自由を金で買えるセレブ生活なのですから。      

        【広告】

関連記事

 

[blogcard url=”http://skira.tokyo/2018/03/25/dv%e5%ae%b6%e5%ba%ad%e5%86%85%e6%9a%b4%e5%8a%9b%e3%81%8b%e3%82%89%e9%80%83%e3%81%92%e3%81%aa%e3%81%84%e5%a5%b3%e5%bf%83%ef%bd%9c%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%81%e3%81%ae%e5%8a%b9%e3%81%84%e3%81%9f/”]

[blogcard url=”http://skira.tokyo/2018/02/06/%e3%83%97%e3%83%ad%e3%81%8c%e6%95%99%e3%81%88%e3%82%8b%e7%be%8e%e9%ad%94%e5%a5%b3%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%a4%89%e8%ba%ab%ef%bd%9c20%e4%bb%a3%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%8b%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%81%aa%e3%81%84/”]

[blogcard url=”http://skira.tokyo/2018/06/08/%e5%a4%ab%e5%a9%a6%e5%96%a7%e5%98%a9%e3%81%af%e4%be%a1%e5%80%a4%e8%a6%b3%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%80%81%e3%81%a9%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%82%e8%ac%9d%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%ef%bd%9c%e9%96%a2/”]

[blogcard url=”http://skira.tokyo/2018/12/01/%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae%e5%85%b1%e6%84%9f%e5%8a%9b%ef%bd%9c%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e3%81%ab%e7%94%9f%e3%81%8b%e3%81%9b%e3%81%b0%e7%90%86%e8%a9%b0%e3%82%81%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%a0%e3%81%9b%e3%81%aa/”]

[blogcard url=”http://skira.tokyo/2016/10/28/%e5%a5%b3%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%8b%e3%81%95%ef%bd%9c%e5%a5%b3%e5%ad%90%e9%ab%98%e7%94%9f%e3%81%a8%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e8%b3%9e%e5%91%b3%e6%9c%9f%e9%99%90/”]

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*