育児ノイローゼ|他人と比べられて育った子供:心を押しつぶす親

Pocket

育児ノイローゼの母親を喜ばせる為には、、、

わがままざかりの幼稚園児が、自分の母親に媚びるのです。


幼い子供が生きる術として、なにをすれば母親が喜んでくれるかを学んでいくのです。  
 

子供の判断基準はもはや母親の顔色だけ。

欲しいおもちゃも、食べたいお菓子も、見たいテレビも何ひとつ思い浮かびもしないのです。

幼児は常にオドオドしながら母親の気分・機嫌を観察しているのです。

子供の心を押しつぶした親の顔色を。

 

他人と比べられて育った子供  

育児の過程で我が子の成長をよその子供と比べる親の心理、わからなくもないですね。

     
よその子をものさしにして、それよりも勝っている、 劣っていると一喜一憂しているうちにノイローゼに落ち込んでいく。

 他人と比較する癖で、疲れが蓄積していくのです。
 
  
一喜一憂を自分の腹にとどめておけない親は、 子供の健全な成長を妨げます。

しつけではなく、子供をマインドコントロールしてしまうのです。

洗脳でもって子供の心を押しつぶし、自滅へと誘導しているのです。
   

幼稚園児をコントロールする親   

 

幼稚園に通い始めると、子供にとって生きる世界がいっきに広がります。

     
すると、親はよその子供を強烈に意識しだすのです。

比較する癖が疼きだすわけです。

自分の子供が一番でなければ心穏やかで居られない親があちこちに出現するわけです。

  
我が子の成長は、よその子よりも遅れていないかと、あれこれ見比べて 少しでも劣っているとわかると四六時中、気になってしかたがない。

良いところを見る余裕がないのです。

ノイローゼ気味のうつ状態が、子供の心の芽を摘んでしまう。

伸び伸びと自由奔放なキッズらしさなど、どこにも見当たらない生き物へと追いやってしまうのです。
 
 
自分の子供は可愛いですから 心配なのはわからなくはありません。

でも、子供を支配してしまっている事に気付かない親なのです。

  
絵が下手、運動が苦手、忘れ物が多い、集中力が散漫,,,etc。

  
こうして他人と比べられて育った子供が増えていく。

    
たいていの子供は、しばらくすると一定の許容範囲に落ち着きます。

    
音楽の才能はないな、とか、運動が苦手なのは父親譲りなんだとか、、、。

  
親も子も、それなりに納得するものなのです。  

  
でも、それが許せない親が子供の心を押しつぶすのです。

    
自分の心配ごとを幼稚園児の我が子に露骨にぶつけ、小さな心を押しつぶす。

  
 「なんで、あなたは色使いができないのよ。ほら、外の景色をよく観てみなさい。空は青いでしょ、草は緑色、太陽は赤い、人間の髪の毛は黒、、、、。一色で描くなんてどうかしているわよ」と我が子にキツイ言葉でつめよっていく。
  
  
  
はじめのうちは、子供は自分が友達と比較されているとは思わないのです。

  
母親から指導されている、もしくは叱られているとしか思えない。

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*