精神科での身体拘束で男性死亡|日本の精神医療は時代に逆行?

Pocket

精神科で身体拘束が激増

 

精神科での身体拘束が急増しているとの新聞報道。

身体拘束とは激しい興奮状態にある入院患者が、自殺したり、自分で自分を傷つけたり、他人に暴力を振るわないよう、医療用のマグネット式抑制帯でベッドに拘束することです。

この拘束行為が2003年から2014年で2倍に増えたとの統計があるそうです。

認知症のお年寄りを拘束してしまうのとは違いますよ。

その目的を見るかぎり、自傷・自殺・暴力行為の防止ですから、身体拘束が悪いわけではないと思うのです。

 

ところが、ニュージーランド人男性(27)が精神科で身体拘束を受けた直後に急死するという事故が起こり、拘束行為に火をつけたのです。

新聞記事では、精神科での患者の体験談を取り上げ、不当な身体拘束をしていると精神科病院を批判しています。

「4ヶ月間拘束され、寝返りすらうてない状態だった」、「拘束されオムツをはかせられた状態でトイレにも行かせてもらえなかった」

 

       【広告】

日本の精神科だけが時代に逆行

 

 

世界の精神科病院が身体拘束を避ける方向に動いている中、なぜ日本だけが急増しているのかと疑問を投げかけています。

さらに間の悪い事に、拘束直後に死亡者までだしいると読者の感情を煽る。

 

不当に拘束されたとクレームをつける患者の怒りの声でとどめを刺す。

精神科の立場は悪くなるばかりです。

 

これ、酷い記事ですね。

底が浅いというか、視野狭窄というか、精神科側の意向を考慮していない。

こんな記事を全国紙がぬけぬけと掲載してしまう鈍感さに呆れてしまうのです。

 

       【広告】

Website Pin Facebook Twitter Myspace Friendfeed Technorati del.icio.us Digg Google StumbleUpon Premium Responsive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*